2017年02月11日 (土) | Edit |
新青森駅吉田屋「大漁市場 青函味くらべ編」です。

新青森駅は本州最北の新幹線の駅ですね。
この先北海道方面は北海道新幹線というそうです。
東北新幹線としては終着駅?
北海道新幹線に繋がっているので終着駅とは言わないのかな?

今回の駅弁は津軽海峡を挟むかたちに位置する函館青森海鮮を集めた素敵な駅弁です。

大漁市場 青函味くらべ編 01

パッケージには青い海と大漁旗をはためかせた漁船をバックに駅弁の中身の写真が載せられています。
津軽海峡ですが、冬景色ではありません。
そして謎のイラスト・・・ゆるキャラのようですね。
青函の「青」側は「いくべえ」
青森県・函館DCマスコットキャラクターとのこと。
ホタテ・・・なのかな?
「函」側は「すーしーほっきー」というそうです。
ホッキ貝のにぎり寿司のキャラですね。
函館のキャラクターなのかと思ったら北斗市所属だそうです。
新幹線の駅としては「函館北斗」だからいいんでしょうね。
よくわかりませんねぇ。

大漁市場 青函味くらべ編 02

中身はパッケージの写真のとおり、「青」「函」それぞれのパートに分けられたかたちで入っています。
どちらもご飯の上におかずをのせた形式。
青森の方は「ウニ」「いか」「ほたて」
それぞれ蒸しうに、煮いか、煮ほたて
いかとホタテは結構な大粒で嬉しいですね~。
ご飯は醤油風味のご飯。
意外に薄味で美味しいです。

函館の方は「ホッキ」「とろサーモンハラス」「かに」「いくら」
なかなか豪華ですねぇ。
ご飯は酢飯。
イクラとカニフレークのちらし寿司と、ホッキ貝のにぎり寿司・・・かな?。
そして焼き鮭がその間にのっている感じです。
こちらも美味しい。
僕はホッキ貝が好きなんで、とっても美味しくいただきました

海の幸に恵まれた津軽海峡の美味しいものを詰め込んだ楽しい駅弁でした~。


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2017年02月04日 (土) | Edit |
千葉県旭市に行ってきました。
この辺りは飯岡漁港銚子漁港に近く新鮮な海鮮を楽しみたいエリア。
仕事で行ったんで、お昼を食べる時間しかなかったので、ロードサイドにある「つちや食堂」に立ち寄ってみました。

つちや食堂 01

「つちや食堂」はなんといっても「孤独のグルメ」に登場したことで知られているお店。

つちや食堂 02

五郎さんと同じ「刺身定食」をオーダーしました。
ただしご飯は大盛に。
お刺身は黒板に書かれたものから種類選択できます。
この日は、マグロ、イカ、サンマ、カジキマグロ・・・だったかな?
マグロサンマを選択し、サンマはなめろうにしてもらいました。
サンマのなめろうは五郎さんと同じですね。
ただ、サンマは基本なめろうにする人が多いようです。
黒板にも「なめろうできます」って書かれていますし。

サンマのなめろうはとっても美味しかったですよ~。
ほのかな甘みが味わい深く、やや少なめの味噌の具合もサンマの風味を活かしている感じ。
これはご飯にあいますね~。
マグロはまあ普通。
マグロの場合は地魚ではないでしょうしねぇ。

お店の造り完全に「昔ながらの海辺の食堂」
潮風に洗われたように何もかもがざっくりしていて、僕としては居心地のいい空間でした。
この手のお店は、以前は三浦や湘南にもたくさんあったような気がするんですが、最近はなかなか・・・

特別なお店ではなかったですが、孤独のグルメ好きなら行ってみて損はないと思いますよ。
楽しめると思います。


つちや食堂
旭市三川5717-102
TEL:0479-57-5781


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村






テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2017年01月01日 (日) | Edit |
あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。


東京都中央区京橋にあるチャーハンが美味しいお店「東竜 銀座店」に行ってきました。

場所は東京駅と有楽町駅の中間くらい。
外堀通りを商工中金本店の南側の角で東に曲がった道にあります。
この辺りはいろいろなお店が隠れていて、お昼も夜も美味しく楽しめるエリア。
八重洲と京橋と銀座の境界線上、みたいな感じです。

このお店はチャーハン専門店というわけではなく、中華料理屋さんなんですが、看板メニューがチャーハンなんです。

東竜 銀座店

今回はその看板メニュー、「職人チャーハン」をオーダー。
器はうどんでも入っていそうな大ぶりの丼。
ちょっと変わってますね。
チャーハンのタイプはしっとり系
「職人」という名前からは中華らしい強火で仕上げたパラパラのチャーハンを予想していただけにやや意外。
味は醤油系の調味料がやや強い感じですが、出汁や中華調味料も合わせて全体的に濃いめで香ばしいです。
しっとりした触感もこれはこれで美味しいですね~。
具はチャーシューと玉子・・・シンプルです。
近くにあったらちょくちょく通ってしまいそうなちょっと癖になるような美味しいチャーハンでした。
サラリーマンの昼食にはぴったりなんじゃないでしょうか。

なお、ラーメンや担々麺と半チャーハンのセットや麻婆チャーハンなどいろいろなメニューがあるので、チャーハン以外のものが食べたい人と一緒に行っても大丈夫です!


東竜 銀座店
中央区京橋3-3-13 平和ビル3号館 1F
TEL:03-3281-7097



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2016年12月28日 (水) | Edit |
秋田駅関根屋「あきたこまち釜めし」です。

「あきたこまち」は秋田の有名なブランド米。
粘り気が強く、冷めても美味しいのが特徴だそうです。
ちなみに、平成28年産の品種(水稲うるち米(醸造用米、もち米を除く))の作付面積順位は、
1位 コシヒカリ」
2位 ひとめぼれ
3位 ヒノヒカリ
4位 あきたこまち
5位 ななつぼし
とのこと。
あきたこまちは人気品種なんですね。
ついでに、お米の品種名にひらがなとカタカナがあるのは、
カタカナ→国の育成品種
ひらがな→都道府県の育成品種
とのこと。
ただし1991年以降は自由化されており山形の「つや姫」のような漢字入りの名前も見かけるようになりました。

さて、話を駅弁にもどして、今回はあきたこまちの名を冠した釜めしです。

あきたこまち釜めし 01

パッケージはほぼ正方形の箱型。
全体的に黄色で、案山子と稲穂、遠くの山並みが描かれています。
収穫時期の水田を表現しているんですね。
「秋田県産あきたこまち米使用」と書かれています。
確かに「あきたこまち」は品種名なので、産地はいろいろ。
実際に全国各地(四国や九州でも)栽培されているということなんで、地産地消であるためには「秋田県産」の方が大事なんですね。

あきたこまち釜めし 02

中身は釜めしなので、当然ご飯のうえにおかずがごろごろのったタイプです。
この「おかずのゴロゴロ感」が釜めしの醍醐味!
この駅弁の場合、おかずのラインナップ的に、ゴロゴロ感はやや控えめながら、郷土色豊かで楽しいです。
真ん中にハタハタの甘露煮、それから鮭の切り身、マイタケ、ふき、玉子焼き、トンブリ入りのかまぼこなどなど。
お漬物はいぶりがっこ
秋田らしいおかずが沢山のっていて、いいですよね~。
ご飯はもちろん「あきたこまち」
残念ながら駅弁のご飯で米の品種を味わいわけるほどの舌は持っていませんが、もちもちしていて美味しかったです。







にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2016年12月23日 (金) | Edit |
1年近く前になりますが、富士吉田市吉田うどんを食べてきました。
場所は富士急 富士山駅の近くにある「えきまえ」というお店。

富士山駅について時点でお腹ペコペコだったんで、一番近いお店に入りました。

吉田うどんというのは、山梨県の伝統料理、「ほうとう」と並ぶ麺の郷土料理。
特長はなんといっても太く硬くコシがつよい麺
江戸時代から昭和の初期にかけて発達した料理で、昔、機織や養蚕で忙しい女性のために、男衆が作ったからだとか。
力任せにこねていたからこんなになっちゃったんですかね?
ちなみにこのあたりの男衆は普段は行商で稼いでいたそうです。
家にいるときはご飯を作っていたんですね。

えきまえ

肉うどん(450円)の大盛(+200円)をオーダー。
丼からはみ出さんばかりのうどんがなかなかすごいです。
主役のうどんは極太
断面が四角くなるくらい硬く、コシの強いめんです。
これは噛みごたえあり
よく噛まないとお腹にきそうなくらい。
スープは比較的優しめの田舎うどんといった感じ。
具はエノキとニンジンとお肉など。
お肉は馬肉だそうです。
馬刺し以外で馬肉を食べるのは初めてです。
煮込んであるからなのか、ホロホロしてて美味しいですね~。
馬刺しとはまた違う感じで。

がっつりと食べごたえのある、腹持ちのよさそうなうどん。
行ったのが寒い季節だったので熱々のうどんが染みました~。
美味しかったです。


えきまえ
富士吉田市上吉田2-3-8







にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ