--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年12月09日 (日) | Edit |
静岡駅東海軒「特製 鯛めし」です。

東海軒のWEBサイトによると、この駅弁は国内最古参の鯛めし弁当で、
なんと明治30年発売開始とのこと。
伝統の味ですね~。

この駅弁の「鯛」は、本来は「興津鯛」のことだそうです。
興津鯛は一般的には「アマダイ」といわれている魚ですね。
静岡県の興津の名産とされています。

現在ではこの「興津鯛」の漁獲高が減少しているということで、
この駅弁には使われていません・・・残念。

特製 鯛めし


パッケージは白地に大きな鯛の絵と鯛めしの文字。
鯛の絵はリアルというか、厳ついというか・・・
かわいらしくデフォルメされた絵が描かれることの多い
昨今、珍しい感じです。

フタを開けると・・・
白身魚(鯛ではありません)のそぼろが一面に敷き詰められた
お弁当が登場。
赤い魚の切り身が乗っていますが、これも鯛ではなく、
赤魚だそうです(原材料表示に書いてありました)。
鯛ではないとはいえ、やや薄めに味付けられたそぼろは
とっても美味
醤油?で味付けされたご飯にもよ~く合っています。
おかずはゴボウ、コンニャク、ニンジンなどの煮物。
駅弁では定番のおかずたちですよね。

白いそぼろなので、見た目はとっても地味なんですが、
しみじみと美味しい駅弁でした。(*^0^) =3


東海道線の沿線にはたくさんの「鯛めし」弁当があるので、
いろいろな駅の「鯛めし」を食べくらべてみるのも楽しそうですね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。