2007年12月03日 (月) | Edit |
高崎駅高崎弁当「復刻だるま弁当」です。

だるま弁当といえば赤いだるまさん型の容器が印象的な
高崎駅の名物駅弁ですが、この「復刻だるま弁当」は
発売が開始された昭和35年当時の瀬戸焼き物の容器
再現したものだそうです。
(中身は復刻というわけではないみたいですよ)

復刻だるま弁当 01


売店では四角い紙の箱に入って売られています。
箱の上部にある丸い窓からは、なにやら怖そうな顔が
覗いています。

復刻だるま弁当 02


箱の中には、だるまの容器が・・・
太い眉、ギョロっとした目、太い唇、大きな鼻と耳たぶ。
元横綱の曙にそっくりの彫りの深い顔立ちで、ちょっと
怖いです。
現在の赤いだるまさんは、あれでもずいぶんかわいらしく
デフォルメされているんですね~。

復刻だるま弁当 03


怖いデザインのフタをあけると、いよいよお弁当が登場。
とっても素朴な感じですね~。
真ん中にならんだ3つの丸いものが目を引きますが、
これはウズラの卵、コンニャクの赤玉作り、花豆のふっくら煮。
他にはキンピラゴボウ、牛肉の時雨煮、舞茸の含ませ煮、
フキの煮浸し、舞茸のワサビ和えなど。
ご飯は茶飯。丼タイプなのでボリュームもありますよ。
このお弁当の中身はすべて群馬県産とのこと。
このあたりは正に、駅弁の鑑です!
美味しかったです。ごちそうさまでした~。(*^0^) =3

ところで・・・
同封されていたお品書きを見ながら食べていたんですが、
ど~しても見つからないおかずが一品。
「地鶏のつけ焼き」というのが入っているはずなんですが・・・
上の写真はフタを開けてすぐに撮影したものです。
高崎弁当さんのWEBサイトなどでは、バランの裏あたりに
大き目の鶏肉が載っているんですが・・・
お弁当を作るときに入れ忘れちゃったんですかね~(^-^;・・・。
こんなこともあるんですね。
貴重な?体験でした。(-^〇^-)

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック