2007年02月10日 (土) | Edit |
山形駅森弁当部「紅花の里」です。

山形の紅花はかつては有名だったようです。
江戸時代の中ごろ明治時代までは山形周辺で盛んに
栽培されていたそうです。
ちなみに紅花の別名は「末摘花」
源氏物語の登場人物の名前(あだ名)として
知られていますよね。
こちらは鼻の頭が赤いことから、
「紅鼻」→「紅花」=「末摘花」の洒落です。
紅花の里01

パッケージは薄桃色のとてもシンプルなデザイン。
紅花が描かれています。
紅花は黄色い花ですが、紅花染めのイメージでしょうか、
赤い「紅花」が描かれています。
紅花の里02

この駅弁は基本的には幕の内弁当です。
ご飯は梅型にかたどられた白米にゴマと梅干の定番スタイル。
おかずは、鱒の塩焼き、紫蘇を巻いた海老天、イカ天、
タケノコ・ニンジン・ヒラタケ・玉コンニャクなどの煮物、
肉団子、玉子焼き、煮豆などが入っています。
玉コンニャクは山形の名物みたいですよ。
山形駅新幹線ホームの売店では熱々のを串刺しで
売っていました。
どのおかずも細部まで手抜きなく作っている感じがして、
とっても美味ですよ~。(*^0^) =3
しかも、おかずのボリュームは相当なもの。
2人前くらいあるんじゃないかっていうくらい入っています。
タケノコ、イカ天、肉団子、コンニャクは、なぜか2つずつ!
だからやっぱりご飯がもっと入っていたら、もっと嬉しいと
思いませんか?
求む、ご飯大盛り


山形駅前の霞城公園(山形城址)は桜の名所として有名ですよね。
満開の頃には横を通過するローカル線では車内アナウンスで
紹介すると共に、スピードを落としてじっくり見せてくれました。
車窓いっぱいに咲き誇るは圧倒的な美しさでした。
↓こんな感じです(車窓からの撮影ではありませんが・・・)。
霞城公園の桜


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
このおかずの量は、確かに沢山ありますね。
ご飯の大盛りもいいけれど、おかずが沢山もいいですね。
とても、お洒落なお弁当ですね。
2007/02/12(Mon) 16:08 | URL  | あいちゃん #-[ 編集]
こんにちは、あいちゃん。
おかずが多いから、ビールのおつまみも
かねてくれますよ。
とくにコンニャクはなんだか美味でした。
2007/02/13(Tue) 22:33 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック