2007年01月15日 (月) | Edit |
上野駅NRE「おふくろの味 上野弁当」です。

上野駅と言えば東北方面東京の玄関口
今ではすっかり東京駅にその座を奪われてしまった感は
ありますが、JR常磐線スーパーひたちなどが出ている
ホームの辺りは、まだ昔の雰囲気が残っているようです。
もっとも僕が知っているのは東北新幹線開業のちょっと前
あたりからですが・・・
私の父の世代にとっては思い出深い場所のようですね。

「ふるさとの訛りなつかし停車場の・・・」
そんな上野駅らしい駅弁がこれです。
おふくろの味 上野弁当 01

パッケージは明治22年頃の上野駅の絵柄でレトロな雰囲気を
演出しています。
容器もプラスチックではなく木製です。
これもチョットいい雰囲気。

中身もまさに「おふくろの味」という感じのおかずが
揃っています。
ご飯は「のり弁」!のりとふりかけの味です。
おかかではなくふりかけなところがチョット工夫でしょうか。
おふくろの味 上野弁当 02

おかずも懐かしい感じです。
ど~んと目立つのは鮭・・・ではなくて鱒(トラウト)の塩焼き。
ご飯の上からおかずのコーナーにはみ出るほどの大きさです。
その他にもぜんまい煮や玉子焼、蕗の煮付、かまぼこ、筑前煮
などなどが入っています。
おふくろの味というよりも、おばあちゃんの味っていう感じで、
どこか懐かしく美味しいお弁当でした~。(*^0^) =3



・・・お弁当の下はわたくしの脚・・・
お見苦しい点はご勘弁ください・・・

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
木の容器だけで、雰囲気出ちゃいますね。
σ(^。^)が女房と付き合っている頃は、彼女は、特急あさまに乗って来て、上野での待ち合わせを良くしたものでした。
2007/01/18(Thu) 19:20 | URL  | あいちゃん #-[ 編集]
こんにちは、あいちゃん。
まさに青春の1ページを刻んだ駅ですね~。
僕は上野といえば科学博物館です。
おじいちゃんに何度も連れて行ってもらって、
アンモナイトの化石とか、テイオウゼミの剥製とか、
恐竜の模型とか、いろいろ買ってもらいました。
2007/01/20(Sat) 00:33 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック