--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年07月07日 (金) | Edit |
秋田駅関根屋「秋田比内地鶏 とり玉丼」です。

関根屋さんは明治35年創業の老舗
西暦でいうと1902年!
どんな年だったかというと、第1次日英同盟調印・発効、戦艦三笠竣工など日露戦争に向かう時代。
駅弁ブログだけに鉄道との関係を調べてみると、中央本線の笹子トンネル貫通江之島電氣鐵道(後の江ノ島電鉄)開業(藤沢~片瀬間)などがあったようです。
(ありがとうWikipedia)
そんな時代から営業しているんですねぇ・・・

今回は、そんな老舗駅弁屋さん鶏系駅弁です。

秋田比内地鶏 とり玉丼 01

パッケージは箱型というか太い帯型。
オレンジ色ををベースに淡い鶏のシルエットとなまはげのイラスト。
鶏は秋田比内地鶏のイメージ。
なまはげはやっぱり秋田の象徴的なキャラクターなんでしょうね。
提灯のイラストで「秋田比内地鶏」使用をアピール。
さらに目立たない字で「秋田県産あきたこまち使用」とも書かれています。
まさに秋田の駅弁という感じでいいですね~。

秋田比内地鶏 とり玉丼 02

お弁当の容器は、いわゆる「わっぱ」型。
丸いです。
そして中身はご飯の上におかずがのった丼スタイル
ご飯が見えないくらいにおかずが敷き詰められているところは素晴らしい。
おかずは鶏肉を薄く切ってタレに着けて焼いたもの・・・
味的には焼き鳥風な感じ。
焼き鳥丼ですね。
美味しいです。
濃いめの味付けだからなのか、比内地鶏だっていうことが食べてわかるわけではありません・・・
この辺りは心意気ですよね。
付け合わせ的にゴボウサツマイモの煮物がついています。
さらに真ん中にのっかっている白いものがちょっと変わっています。
これは玉子なんです。
丼と玉子の組み合わせは珍しくないですが、これは駅弁ですからね。
あまり見かけないタイプです。
ゆで卵なのかな?
ポーチドエッグかな?
かなり柔らかめです。
そして黄身はなんと半熟!
↓こんな感じ。
秋田比内地鶏 とり玉丼 03

これを鶏肉と絡めて食べるとまた美味しいですよ~。
といっても、それほど玉子の味を感じるわけではないいですんが・・・そこはなんとなく雰囲気で美味しく感じちゃうんでしょうかねぇ。
駅弁なんで、もちろん常温で美味しいんですが、温めて食べてみたくなっちゃうような、とても美味しい駅弁でした。







にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。