2017年04月25日 (火) | Edit |
新潟駅三新軒「新潟牛トン弁当」弁当です。

「牛」は牛肉。
「トン」は豚肉。
牛肉と豚肉を両方楽しめるなかなか贅沢な駅弁です。

しかも牛は「新潟和牛」、豚は「越後もち豚」だそうです。
「新潟和牛」というのは新潟県内で飼育された黒毛和牛のことで、コシヒカリの稲わらなどで飼育したもの。
特定の品種というわけではないのかな?
「越後もち豚」は、ずいぶん前になりますが、越後湯沢駅の「越後もち豚 すきすき弁当」でもご紹介しましたね。
新潟県が長年の研究の末開発、改良を重ねたブランド豚
飼育だけでなく、流通網にまで改良を重ねたという力の入れようです。

新潟牛トン弁当 01

パッケージは黒地の長方形の箱に駅弁の中身の写真と、駅弁名、牛豚それぞれの調理法、さらにはグレーの木版画調で牛と馬の絵で構成されています。
牛の方は「ごぼう煮」、豚の方は「タレカツ」だそうです。

新潟牛トン弁当 02

中身はご飯の上にメインのおかずがのった丼スタイル
ただし、ご飯の上にのっていないおかずもいくつかついてきます。
「丼+小鉢」的な構成。
ご飯は白ご飯。
米どころ新潟の駅弁だけに、当然「新潟産」とは書いてありますが、品種までは書いていません。
ご飯の上にのったメインのおかずはパッケージにも書かれていた「新潟和牛ごぼう煮」「越後もち豚タレカツ」です。
「新潟和牛ごぼう煮」はゴボウと牛肉を甘しょっぱく煮合わせて白ごまをかけたようなおかず。
「越後もち豚タレカツ」は豚肉の味噌漬けを使ったとんかつを、少し甘めのタレに浸したおかず。
なかなか手が込んでいますね~。
どちらもご飯にあうあう!
小鉢的なおかずは舞茸の煮物オクラとなめこの和え物鉄火豆
鉄火豆というのは大豆に鉄火味噌を絡めた少し甘い食べ物。
お蕎麦屋さんで一杯飲むときのアテのイメージかも。
お漬物は赤かぶの酢漬けです。
赤かぶ漬けは久しぶりに食べましたが、美味しいですよね~。
この後、また食べたくなって漬物屋さんで買ってしまいました。

思いのほか手の込んだ美味しい駅弁でした~。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

越後もちぶたしゃぶしゃぶ【送料無料】
価格:5600円(税込、送料無料) (2017/4/25時点)






にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック