2017年02月27日 (月) | Edit |
昨年の夏に静岡県の沼津市に遊びに行きました。
沼津といえば漁港の街。
目的地は沼津漁港です。
横浜市南部のわが家のあたりからだと高速道路を使えば1時間半から2時間くらい。
伊豆半島の向こう側とはいえ、比較的近い遊び場といえるかもしれません。

漁港周辺は水族館などもあり、子ども連れで行ってもいろいろ楽しめます。

今回おじゃましたのは「魚河岸 にし与」
2階と屋上が駐車場になった、港では大きな建物「ダイノブセンター」の1階奥にあります。
お店の佇まいは市場周辺のザ・定食屋さん。
観光客ももちろん多いのでしょうが、雰囲気的には地元で働く人が食べるお店っぽく、渋くていい感じ。

沼津漁港 02

沼津漁港の中にあり、かつ店舗名に「魚河岸」と書いてあることからもわかるとおり、魚介系が充実しています。

沼津漁港 03

オーダーしたのは、「するが丼」の大盛。
「するが丼」は生シラス生桜エビの丼もの。
丼ご飯のうえにたっぷりと、紅白に染めわかるようにのった生シラスと生桜エビが嬉しいです。
さすがに新鮮で美味!
生シラスは相模湾周辺でも食べられますが、桜エビはやっぱり駿河湾ですよね~。
しかもご飯は丼の上に白米の山が顔を出しそうな勢い。
素晴らしい。
最高に美味しかったです。

沼津漁港 04

うちの奥様とムスメさんは、鯵のたたきの定食をオーダー。
こちらもプリップリで超美味!
僕も鯵好きだけに、これも食べたかったな~。
(少しわけてもらえましたが・・・。)

食後は市場で売られている干物などを見物(今回は都合により購入せず。残念。)。

沼津漁港 01

↑この巨大なひらきはブリだそうです。
ブリのひらきなんて初めて見ました。
(比較対象がなくてわかりにくいですね・・・)
食べごたえありそうですよねぇ。

さらにその後は「沼津港深海水族館(シーラカンス・ミュージアム」へ。
最深2500m、日本一の深海を誇る駿河湾の生き物や、シーラカンスのはく製などが展示されています。

沼津漁港 05
「タカアシガニ」

沼津漁港 07
「ダイオウグソクムシ」

沼津漁港 06
「シーラカンス」のはく製

他にもいろいろ面白い生き物がいましたが、なにぶん暗くて写真が取りにくかったです。

やや小さめの水族館ではありますが、テーマが絞られているだけに楽しめましたよ~。


沼津漁港には美味しそうなものがたくさんありました。
わが家では次回はクーラーボックスを持って行こう、と話しています。


魚河岸 にし与
沼津市千本港町109
TEL:055-951-6041








にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック