--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年12月28日 (水) | Edit |
秋田駅関根屋「あきたこまち釜めし」です。

「あきたこまち」は秋田の有名なブランド米。
粘り気が強く、冷めても美味しいのが特徴だそうです。
ちなみに、平成28年産の品種(水稲うるち米(醸造用米、もち米を除く))の作付面積順位は、
1位 コシヒカリ」
2位 ひとめぼれ
3位 ヒノヒカリ
4位 あきたこまち
5位 ななつぼし
とのこと。
あきたこまちは人気品種なんですね。
ついでに、お米の品種名にひらがなとカタカナがあるのは、
カタカナ→国の育成品種
ひらがな→都道府県の育成品種
とのこと。
ただし1991年以降は自由化されており山形の「つや姫」のような漢字入りの名前も見かけるようになりました。

さて、話を駅弁にもどして、今回はあきたこまちの名を冠した釜めしです。

あきたこまち釜めし 01

パッケージはほぼ正方形の箱型。
全体的に黄色で、案山子と稲穂、遠くの山並みが描かれています。
収穫時期の水田を表現しているんですね。
「秋田県産あきたこまち米使用」と書かれています。
確かに「あきたこまち」は品種名なので、産地はいろいろ。
実際に全国各地(四国や九州でも)栽培されているということなんで、地産地消であるためには「秋田県産」の方が大事なんですね。

あきたこまち釜めし 02

中身は釜めしなので、当然ご飯のうえにおかずがごろごろのったタイプです。
この「おかずのゴロゴロ感」が釜めしの醍醐味!
この駅弁の場合、おかずのラインナップ的に、ゴロゴロ感はやや控えめながら、郷土色豊かで楽しいです。
真ん中にハタハタの甘露煮、それから鮭の切り身、マイタケ、ふき、玉子焼き、トンブリ入りのかまぼこなどなど。
お漬物はいぶりがっこ
秋田らしいおかずが沢山のっていて、いいですよね~。
ご飯はもちろん「あきたこまち」
残念ながら駅弁のご飯で米の品種を味わいわけるほどの舌は持っていませんが、もちもちしていて美味しかったです。







にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。