2015年09月27日 (日) | Edit |
今回の「ちょい旅」は、横浜市の南部から鎌倉市までの歩き旅。
したがって、横浜編としては第3弾、鎌倉編として第2弾です。

横浜市港南区のJR港南台駅から徒歩15分ほど、磯子区のJR洋光台駅から徒歩20分ほどのところに円海山への入口があります。
円海山というのは山頂が海抜153.3mという、ちょっとした丘のような山。
横浜市内で2番目に高い山です。
ここから尾根づたいに、横浜市と鎌倉市の最高峰となる大平山(海抜159.4m)を経て鎌倉市内までのトレッキングコース。

地図で見るとだいたいこんな感じのルートになります(クリックすると拡大します)。

map_yokohamakamakura02.jpg

横浜市港南区、磯子区、栄区、金沢区、そして鎌倉市の境目をぬうように歩く感じです。
この尾根づたいのルートのことを「ビートルトレイル」というそうです。
なお、歴史的には製鉄業や鍛冶屋に関係する人たちが往来した道だとか・・・
したがって周辺には「鍛冶ヶ谷」や「火取沢(現在は氷取沢)」など火や鉄に関わる地名が見られるとかなんとか・・・
pecopecoはこの周辺地域の出身なので学校の郷土史的な授業で聞いたような記憶があります。
(「一説によると・・・」的なことかもしれないですけどね)

入口からしばらく、だいたいこのルートの半分弱にあたる横浜市側は、歩きやすい道が続きます。

ちょい旅 ビートルトレイル 01 ちょい旅 ビートルトレイル 03

ちょい旅 ビートルトレイル 02

子供連れや年配の方もたくさんいらっしゃいますね。
横浜側から山に入る人たちは、だいたい鎌倉方面に向かうので、入口で一緒になった人たちとは、抜きつ抜かれつしながら、終盤まで一緒だったりします。

尾根道なので、道の両側はけっこうな崖になっている場所も。
木や笹や羊歯が茂っているので見えにくいんですが、実は急斜面がすぐ横に!っていうところもたくさんあります。
道は整備されているんで、普通に歩く分には危険はないんですけどね。

また、森の奥を歩いているつもりでも、そこは横浜市内。
木々のすき間からこんな景色も・・・

ちょい旅 ビートルトレイル 04

住宅街の裏山を通ってたりします。
入口から山の中を1時間以上歩いたのに、そこは港南台駅からバスで15~20分の住宅地・・・
それもまたこのルートの面白いところなんですけどね~。

鎌倉が近づいて来るにしたがって、道がだんだん険しくなってきます。

笹の葉の回廊や・・・

ちょい旅 ビートルトレイル 05

いわゆる「切り通し」もあります。

ちょい旅 ビートルトレイル 06

のんびりとした雰囲気の横浜から、天然の要害といわれた鎌倉の地へ!
気分も高まりますね~。

しか~し、横浜から鎌倉へ入ったところでちょっと休憩。
スタート地点からだと、子ども連れの場合で大体1時間半から2時間弱くらい。
「天園」という所にたどり着きます。
ちなみに、入口からず~と、道しるべの「天園」方面を目指して歩いてきたので、ここが中間目標みたいな場所。

ここには茶店があります。
その名も「天園峠の茶屋」

ちょい旅 ビートルトレイル 07

ここにはコカコーラ社の自動販売機のほか、焼おにぎり、おでん、豚汁、とうもろこし、ところてん、生ビール、ラムネ、甘酒などが売られています。
1人につき、1品購入すれば無料で休憩可です。

ちょい旅 ビートルトレイル 09

我が家では大抵、おにぎり持参で、豚汁を購入するんですが、この豚汁がおいしいんですよね~。
やっぱりこの手の料理は大鍋で大量に作ってこそでしょう。
沁みますね~。

ここは峠だけに眺めもいいんですよ。
鎌倉の街と海を一望に見下ろすことができます。

ちょい旅 ビートルトレイル 08

さて、休憩と腹ごしらえが終わったら後半戦。
いよいよ本格的に鎌倉の山歩きです。
ちなみに、先ほどの茶店にはトイレはありません。
ちょい旅 ビートルトレイル 10
徒歩5分ほどの、ゴルフ場「鎌倉カントリークラブ」の横あたりの公衆トイレをご利用ください。
山の中にしては非常に清掃の行き届いた綺麗なトイレです。

で、このあたりまで来ると、「ビートルトレイル」は終了で、鎌倉市の「天園ハイキングコース」の中に入ったことになります。
道しるべも、こんな感じ↓。

ちょい旅 ビートルトレイル 11

峠の茶屋のあたりで、「瑞泉寺」方面と「建長寺」方面に分かれます。
どちらも鎌倉を代表するお寺ですね。
(なお、「天園ハイキングコース」は、「瑞泉寺」~「建長寺」を歩くことになります)。

「瑞泉寺」方面は距離は少し長いが、道は穏やか。
JRの駅から遠い地点に出る(鎌倉駅からバスで10数分)。
「建長寺」方面は距離は少し短いが、道は険しい。
JR北鎌倉駅の近くに出る。
そんな感じです。

今回は「建長寺」方面へ。

ちょい旅 ビートルトレイル 12 ちょい旅 ビートルトレイル 13 ちょい旅 ビートルトレイル 14

ちょい旅 ビートルトレイル 15 ちょい旅 ビートルトレイル 16 ちょい旅 ビートルトレイル 17


横浜市内に比べて、ずいんぶんとアップダウンが激しく、険しい道になります。
ロープを掴んで登るなんていう場所もあるんですよ~。

最終目的地の建長寺の敷地に入っても油断はできません。
この階段!
ちょい旅 ビートルトレイル 18

下りは怖い~・・・

ここを下っていくと建長寺の半僧坊に到着!
ちょい旅 ビートルトレイル 19

ここから先は通常の観光コースですね~。

ちょい旅 ビートルトレイル 20

ちょい旅 ビートルトレイル 21

天狗ご一党に見送られて、北鎌倉の街へ降りていきます。

(建長寺は拝観料が必要です。山から半僧坊にはいる場合、いわば裏口から入っていることになるので、出るときにちゃんと払いましょう)

ここまで、3時間半~4時間くらいですかね~。
けっこう険しい場所もありますが、老若男女誰でも楽しめるハイキングコースです。
トレッキングシューズがなければスニーカーでも大丈夫ですよ。
pecopecoは7歳のときに初めてこのコースを歩きましたし、高校生の頃は初詣の2年参りのために夜中に歩いたものです(もちろん真っ暗闇です)。
横浜市側は中高生のころ、サッカー小僧だったpecopecoのトレーニングのためのランニングコースだったりもしました。
まだトレイルランなんていう言葉は知りませんでした。懐かしいな~。
うちのムスメさんは4歳の時に歩きとおしましたし、子ども連れでも大丈夫ですよ。

気をつけるべきは、マムシとスズメバチくらい。
マムシは整備された道を歩いていれば、見かけませんけどね~。
10月~11月頃は特にスズメバチにご注意ください。
(たくさんいるわけではありませんが。)


天園峠の茶屋








にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
参考になりました^^
こんにちは。
紅葉で名所と云われている天園ハイキングコースを一度歩いてと思っていたのですが、ハイキングとかは苦手なので敬遠していました。
記事を読ませて頂いて瑞泉寺~建長寺までそんなにきつくはないようですね。
私でも歩けそうなので、一度チャレンジしてみたくなりました。
ありがとうございます^^
2015/09/29(Tue) 05:15 | URL  | 薄荷脳70 #-[ 編集]
こんにちは。
紅葉の名所は確か「獅子舞」ですよね。
天園から瑞泉寺方面に向かうところでまた分かれるんでしたっけ?
話には聞いているんですが、実は行ったことがないんですよね~。
もし行かれるなら、ぜひブログでレポートをお願いします。
2015/09/30(Wed) 22:10 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック