2015年09月09日 (水) | Edit |
東京都江東区東京メトロ東西線木場駅近くのインド料理屋さん「タンドールバル カマルプール」に行って来ました。

タンドールバル カマルプール 01

今回はうちのムスメさんのたっての希望です。
行きたい理由は、このお店が『孤独のグルメ season4』に出てきたから。
そしてその中で五郎さんが食べていた「チーズクルチャ」を食べてみたいから、だそうです。

食いしん坊のpecopecoとその血を受け継ぐムスメさんなので『孤独のグルメ』が大好きです。
僕としては『孤独のグルメ』という作品のメッセージは「身近なお店を見直そう」っていうところにあると思うんですよね~。
「有名店じゃなくても美味しいお店はある、自分の足と舌で探してごらん・・・」的な感じでしょうか?
なので、番組で取り上げられたお店にわざわざ行くことはあまり気乗りがしなかったんですが、今回はムスメさんの熱意に負けて行ってみました。

休日の12:00過ぎくらいに着くと、お店はほぼ満席。
我々は幸い待たずに入れましたが、人気店なのがよくわかります。
(ちなみに昼は予約不可、夜は予約をしたほうが無難なようです)

タンドールバル カマルプール 02

オーダーは「カマルランチ」750円。
日替わりカレー1種と、ナン・ライス・サラダつき。
カレー3種類あって、材料だけでなく、辛さも異なるようです(甘口、中辛、辛口って説明されたと記憶しています)。
+200円でナンをチーズクルチャに変更。
+100円で追加ナン。
無料でライス大盛。
これにランチドリンクが+200円、グラスビールなら+300円。
なかなかお得感のあるランチセットですよね。

タンドールバル カマルプール 04

それから単品で、ラムミントカレーもオーダーしました。
(気乗りしないといいながら五郎さんのチョイスをまねしてしまいました・・・)

結論から言えば、極めて美味です。
カレーの味はそれぞれ僕ではちょっと表現できないような複雑な美味しさ
これまで食べてきたインド料理とは少し違っている気がします。
なんというか、スパイスの風味が立っている・・・そんな感じでしょうか?
材料がどろどろに溶けあっているのではなく、細かい粒子の状態でそれぞれが独立を保ちながら混ざり合っている感じなんです。
それに加えてハーブの使い方が上手い!香りにも、味にも、見た目にも。

チーズクルチャはとろけるチーズを包んで焼いた丸いナンみたいな食べ物。
チーズナンだと、大抵はナンの上にチーズがのっているので、ちょっと違う食べ物な感じです。
ムスメさんは念願のチーズクルチャを食べられて大満足だった様子。
お子ちゃまにはオーダーしたカレーが少々辛かったこともあり、チーズクルチャをほぼ独り占めして食べていました。
チーズはよ~く伸びますよ~。

タンドールバル カマルプール 03

『孤独のグルメ』でも紹介されていた「ブナオイスター」「タンドーリ ベジ」をはじめ、「鴨肉のタンドール焼き」「ラム肉のクミン焼き」など、お酒にあいそうなメニューがいろいろあります。
そもそも「バル」なんで当たり前ですね。
次回は夜にお酒を飲みに行ってみたいな~と思いました。

食べ終わってお店を出るときには、頭の中にはもちろんあの曲が、♪ごろ~、ごろ~♪って回っていました。
とても美味しかったんで、今回はムスメさんにも感謝です。


タンドールバル カマルプール
江東区東陽3-20-9 鈴木ビル1階
TEL:03-5633-5966








にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック