--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年06月21日 (日) | Edit |
水戸駅しまだフーズ「豚さん弁当」です。

水戸駅は一時期、独自の駅弁の販売がなくなってしまいましたが、最近は復活して、しかもだんだん種類が増えてきています。
駅弁好きには嬉しいところです。

意外といっては失礼ですが、茨城県は海、山、牧場が揃っており美味しいものが目白押しの県。
観光地としてはいまいち人気がありませんが、もったいないですね~。
そんな茨城県の県庁所在地、水戸の駅弁なので、当然いろいろな系統の駅弁がラインナップされています。

今回の肉系の駅弁「豚さん弁当」を選んでみました。

豚さん弁当 01

掛紙は黄色い地に水彩画で描かれた梅の花と和風の建築物。
これはやっぱり偕楽園のイメージなんでしょうね。
「豚さん」という可愛らしい名前からすると、ちょっと渋いデザインです。
駅弁名の「豚さん弁当」の文字のまん中に小さく(「豚さん」と「弁当」の間です)「とんかつ」と書いてあります。
そして駅弁名の下には「ヒレカツ」「チーズカツ」「うめカツ」の文字。
3種類のとんかつで「豚さん」ということですか・・・
さらに、掛紙上では使用されている主な材料が茨城県産であることがアピールされています。
茨城県銘柄豚「ローズポーク」
茨城県産「米」「奥久慈蒟蒻」「蓮根」「椎茸」「人参」

ローズポークはわりと有名ですよね。
(詳しくは全農・茨城県支部のWEBサイトへ。)
あとは茨城のブランドアピールというよりは地産地消の意味合いが強そうです。

豚さん弁当 02

メインのおかずはもちろんトンカツ。
一口ヒレカツの半分に切ったものが3つ。
薄いお肉を折って厚みを出している感じですかね。
それから梅ペーストを巻いたトンカツとチーズを巻いたトンカツがそれぞれ半分づつ。
トンカツの駅弁は難しいんですよね~。
以前ご紹介した東京駅、NRE大増の「こだわりのとんかつ弁当」でも書きましたが、「専門店のテクアウトを列車に持ち込めてしまう以上、駅弁のとんかつに勝ち目はないんじゃないか・・・」ということ。
この駅弁は梅とチーズでアクセントをつけています。
テイクアウトと比較しなければ、駅弁とては充分に美味しく楽しめるんですけどね~。
おかずは他に蒟蒻・蓮根・椎茸・人参の煮物など。
ご飯はシンプルに白ご飯。
やっぱりトンカツにはこれですよね。
ちなみに僕はトンカツにあうもう一つのもの・・・ビールといっしょにこの駅弁を楽しみました~。





にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
お邪魔します。おいしそうな駅弁ですねえー。水戸駅のおべんとうですかぁ、なかなかいくチャンスがありませんが、行ってみたいなぁ。
2015/06/21(Sun) 17:35 | URL  | TORU #-[ 編集]
こんにちはTORUさん。
常磐線の特急が東京駅からも乗れるようになったんで、東京から水戸へは行きやすくなりましたよ。
2015/06/21(Sun) 23:32 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。