2015年06月07日 (日) | Edit |
東京駅NRE大増「あさりおこわ弁当」です。

東京駅といえば、東京のものに加え、日本全国から集められたたくさんの駅弁が華やかに並ぶ、駅弁の大見本市のような駅。
そんな華やかな駅弁の中から今回選んだのは「あさりおこわ弁当」。
正直なところ、かなり地味~な駅弁と言わざるをえません。
なぜこの駅弁を選んだんだろう?あのときのオレ・・・的な感じですか・・・

あさりおこわ弁当 01

掛紙のデザインは和風に図案化されたアサリが3つ。
「国産 もち米100%」「謹製」「季節のおこわ」の文字。

あさりおこわ弁当 02

ご飯は名前のとおり、アサリのおこわ
おこわは噛み応えがあり、腹持ちしますよね。
ご飯の中心部にアサリが集められてのっています。
けっこうたくさんのっていますね~。
アサリと一緒に炊き込んだのではなく、アサリのだし汁で炊いたのかな?
とっても美味しいおこわです。
おかずは卵焼きと、ギンヒラスの漬焼あさりの時雨煮魚肉すり身巻煮蒲鉾柚子胡椒くらげニンジン・ヤングコーンの煮物
ギンヒラスというのはブリに似た感じの切り身ですが、イボ鯛科の魚だということです。
おかずの中では柚子胡椒くらげが印象的。
柚子胡椒でくらげっていうのは初めて食べました。
胡椒の辛味がかなり強め。
でも柚子の香りも爽やかで美味しかったです。
お漬物のかわり、という位置づけでしょうね。

この駅弁は「季節のおこわ」ということなのであさりは夏限定なのかな?
でもアサリの旬は普通は春じゃないですか?
秋もでしたっけ?
どちらにしても初夏、あるいは夏が旬というイメージはないような気がしますが・・・

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック