2015年05月20日 (水) | Edit |
横浜中華街にある「王府井」というお店に行ってきました。

「王府井」「ワンフーチン」と読みます。
北京にある繁華街の名前のようです。
外国に「銀座」とか「難波」みたいな名前でたこ焼きやお好み焼きのお店を出店するようなものでしょうか?

ここは「小籠包」が有名なお店のようですが、最近の一押しは「焼き小籠包」
我々もこの「焼き小籠包」をお目当てに行ってみました。
「小籠包」は蒸料理ですよね。
「焼き小籠包」というのは正しくは「生煎包」という料理のこと。
「生煎包」は「サンチェンパオ」と読み、挽き肉などの具を小麦粉の皮で包んだ包子で、鉄板で蒸し焼きにして食べる点心の一種。
そもそも「小籠包」とは全く異なった料理ですが、見た目がちょっと似ているので通称が「焼き小籠包」になったようです。
平たい大きな鉄鍋というか深さのある鉄板のようなものにぎっしりと並べて木の蓋をして蒸し焼きにしているようでした。
焼き餃子的な焼き方ですね。

王府井 生煎包 01

と、いうことで「正宗生煎包」をオーダー。
「正宗」というの「正統の」みたいな意味のようですね。
日本でいうところの「元祖」とか「本家」みたいなもんですかね?
皮を割くとじゅわ~っと肉汁が流れ出すのは「小籠包」と一緒です。
焼いているだけに香ばしさもあってとっても美味!
以前、京鼎樓に行って依頼、すっかり小龍包にうるさくなってしまったうちのムスメさんも大満足だった様子です。

王府井 生煎包 02

もう一つ注文したのが「正宗胡椒餅」
強めに胡椒を効かせた豚挽き肉の餡にたっぷりと刻みネギを加え、薄いパンのような皮で外はパリパリに、中はもちもちに焼き上げた食べ物。
これも美味しいですよ~。
名前のとおり胡椒の効いたスパイシーなスナックという感じ。
ビールにも合いそうですね。

お店のタイプとしては持ち帰りメインで、セルフサービスのイートインコーナーがあるようあ感じ。
1階で買って2階で食べるか、食べ歩きをするか、です。
ちょっとしたファストフード的な利用の仕方なので食事というよりおやつにいかがでしょうか?

横浜中華街 王府井
横浜市中区山下町191-24
TEL:045-641-1595







にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック