2015年02月24日 (火) | Edit |
いわき駅大水DN「常陸國またべえ」です。

大水というのは羽田空港で売られている空弁の焼き鯖すしを製造している会社だそうです。
そしてこの駅弁ももちろん焼き鯖すし。
久々の鯖寿司シリーズです。

常陸國またべえ 01

掛紙は黒から赤へのグラデーションに駅弁名と焼き鯖すしである旨、それから「ひたちなか市観光協会推奨土産品認定」と書かれています。
いわき駅は福島県いわき市の駅です。
ひたちなか市とはちょっと離れていますが、いずれも常磐線沿線、太平洋岸の自治体という点では共通なんで、常磐線沿線で茨城北部から福島南部の駅弁という位置づけなんでしょうかね。
さらに「Mata-bay」「MATA-BAY BROILED SABA SUHI」から始まる英文での説明が・・・
普通は日本語の説明文があって、それの英訳であることが多いんですが、この掛紙の場合には日本語の説明はありません。
英文も簡単な内容なんで読めばわかるんですが、若干違和感が・・・

常陸國またべえ 02

中身はもちろん焼き鯖すし
香ばしく炙ったしめ鯖を使った鯖寿司・・・ってことですよね。
炙り加減によってはせっかく脂ののったしめ鯖がぱさついてしまうところですが、この焼き鯖寿司は絶妙の美味しさ
脂がのってしっとりしていて、香ばしくて本当に美味しいです。
さらに鯖と酢飯の間には、大葉ショウガがはさんであります。
このひと工夫が嬉しいですね~。
全体をラップに包んだ状態で入っているので美味しさがしっかりキープされていますよ。
とっても美味しくてまた食べたくなる駅弁でした!


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
炙ったしめ鯖の鯖ずしですか!見たことなかったです。
大葉としょうが、というのがまたいいですね〜。
掛け紙、不思議だ…
2015/02/24(Tue) 19:47 | URL  | 麻 #-[ 編集]
こんにちは、麻さん。
焼き目がいいでしょ~。
しっとりした普通の鯖寿司と比べて、ちょっと香ばしいところが美味しいですよ。
僕はどっちも大好きなんですけどね~。
次回帰国される際には是非試してみてください。
羽田空港にも同じようなものがあるようですし、成田空港にも別の会社のがあるようですよ。
2015/02/24(Tue) 22:37 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック