2014年12月05日 (金) | Edit |
東京駅東京 日本橋 三代目たいめいけん「ポークジンジャー重」です。

「日本橋 たいめいけん」昭和6年創業の洋食屋。
東京を代表する老舗洋食屋さんですね。

その「たいめいけん」のお弁当が東京駅構内で売られていたので購入してみました。

ポークジンジャー重 01

パッケージは箱型。
蓋は黄色、赤、黒で構成されており、牛、豚、鶏、海老、魚の絵が版画のようなタッチで描かれています。
僕の勝手なイメージですが、明治の東京を思わせるようなデザインです。

ポークジンジャー重 02

お弁当はご飯の上におかずが載った丼スタイルお重スタイル
メインはもちろんポークジンジャー
ポークジンジャー=豚肉の生姜焼きですね。
僕の大好きなメニューです。
白いご飯がすすむんですよね~。
ビールにも合うんですよね~。
このお弁当のポークジンジャーの特徴は分厚いお肉
ポークジンジャー重 03
一般的には薄切りロースなんかで、玉ねぎも炒め合わせて・・・っていうイメージですが、このお弁当のお肉はまるでとんかつ用(そうなのかな?)。
噛み応えがあって(硬いということではなく)、油がのっていてなかなか美味しいです。
ちなみにこの豚肉は千葉県産のマーガレットポークというブランド豚肉のようです。
なんでも植物性乳酸菌入り資料で育った安心豚肉とのこと。
おかずは他にナポリタンスパゲッティと、お肉の下にオニオンソテー(玉ねぎ入ってました)、卵焼きしば漬け
ナポリタンスパゲッティっていうのが洋食屋さんのお弁当らしくていいですね。
お弁当の蓋に「電子レンジで温められます。」って書いてあります。
確かに温めたら豚の脂身が溶け出してさらに美味しくなるんでしょうね~。










にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック