--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年09月13日 (土) | Edit |
東京駅日本レストランエンタプライズ「山形つや姫弁当」です。

「つや姫」というのは、山形ブランド米のこと。
「山形」で「つや姫」なのに山形駅ではなく東京駅(その他首都圏の主要駅)の駅弁なんです。

なんでこんなことになったかというと、『山形のブランド米「つや姫」の美味しさをアピールするため、山形デスティネーションキャンペーンに合わせ、株式会社日本レストランエンタプライズ(NRE)と山形つや姫ブランド化戦略推進本部がプロデュースし(山形つや姫ブランド化戦略推進本部WEBサイトより一部抜粋)』たため。

はやい話が、大消費地の首都圏へのお米の宣伝用駅弁ということですね。

山形つや姫弁当 01

パッケージは濃い目のピンク色のお弁当箱に掛紙がかかった形式です。
掛紙には幾何学模様。
地方の農業系をアピールする駅弁の場合は農村風景などを描くことが多いですが、この駅弁は違いますね。
実はこれが「ブランド米」である「つや姫」のマークのようです。
とにかく「米」を売りたいんですね。

山形つや姫弁当 02

ご飯は白ご飯。
お米はもちろん「つや姫」。
味でわかるわけではないですが、これで違うお米だったら最悪の偽装ですもんね。
偽装する意味もないし。
「つや姫」は「冷めても美味しい」のがコピーらしいんですが、確かに駅弁でも美味しいお米です。
とはいえ、日本のお米はたいてい冷めても美味しいんですけどね(稲作関係者の努力の賜物なんでしょうね~。ありがとう!)
おかずは、野菜ピリ辛味噌(つや姫から作った塩糀入り)、刻み梅、山形豚味噌だれ焼肉、玉子焼、鮭塩焼、茗荷酢漬、青菜漬、野菜などの煮物(芋煮風)、山形県産さくらんぼシロップ漬、山形県産ラ・フランスシロップ漬。
お米だけではなく、山形産の食材や山形の郷土料理が取り入れられていてとっても美味しいです。
ボリューム感はそれほどですが、美味しかったですよ~。

本来であれば山形駅でこそ売って欲しい駅弁ですよね~。
まぁ、大消費地東京周辺で売るからこそ実現した内容なのかもしれませんが・・・
美味しいんで残念なんですが、期間限定のようです。
2014年9月20日で終了とのこと。
ぜひ、山形駅や新庄駅で販売を継続してほしいです。




にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。