--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年08月02日 (土) | Edit |
先日、川崎大師で開かれた「風鈴市」に行ってきました。
毎年7月の中旬に開催される恒例行事、川崎大師の夏の風物詩です。

風鈴市0015

川崎大師というのは、正式には「金剛山 金乗院 平間寺」というお寺です。
ご本尊が「厄除弘法大師」であることから、通称「川崎大師」と呼ばれています。
「弘法大師」というのは「達磨さん」のことですね。

場所は川崎市川崎区。
京浜急行大師線の「川崎大師」駅下車、徒歩10分弱です。
川崎大師駅前には表参道の入り口の門があるので迷うことはないと思います。

風鈴市0001

参道にはお土産屋さんや飲食店が立ち並んでいます。
おみやげ物で一番目を惹くのは「だるまさん」
「選挙」や「だるまおとし」などで有名な赤くて丸いアレです。
風鈴市0014  風鈴市0002

大小さまざまの「だるまさん」がずら~っと並んでいる様子はなかなか印象的です。

そしてもう一つ、一番耳を惹く(こんな言葉はないですが・・・)のは飴屋さんの奏でる小気味良いリズム。
「トントン トトン トン トトン」とかそんな感じのリズムを飴を切る包丁とまな板を使って奏でています。
このリズムに合わせて飴を切っていくんですね~。
風鈴市0003  風鈴市0005

参道の突き当たり、大山門をくぐると川崎大師に到着。
すぐ左手のちょうちんの辺りが風鈴市の会場です。

風鈴市0006

ここには本当にたくさんの風鈴が集まっていて、それぞれに涼しげな音を奏でています。
全国47の都道府県から約900種類、30,000個が集まっているそうです。
凄いですね・・・
色もデザインも、そしてもちろん音色もいろいろ。
伝統的なものから、創作的なものまでいろいろ。
値段もお手ごろなものからお高いものまでいろいろ。

風鈴市0007

風鈴市0009  風鈴市0010

風鈴市0011  風鈴市0012

これだけたくさんの音が無造作に鳴ると煩いんじゃないかと思うかもしれませんが、そんなことは無いんです。
不思議と涼しげな雰囲気になるんですよ。

僕の好みは、江戸風鈴南部風鈴
暑い日中は江戸風鈴のカラカラとした乾いた音、ヒグラシの鳴く夕方は南部風鈴の伸びやかな高音がいいですね~。
僕は10年ほど前に来た時に買った南部風鈴が家にあるので、今回は娘さんが1つ買ってもらいました。
選んだのは小樽ガラスの風鈴。
淡いピンクで可愛らしいデザイン、音色は同じガラス製の江戸風鈴よりも若々感じの風鈴です。

暑い時期で人出も多いですが、よしず張りの会場には冷却ミストが噴霧され、無料で冷たい麦茶が振舞われていたりして、暑さ対策もされていました。


風鈴市とお参りを終えたらおやつの時間。

川崎大師門前の名物のひとつである「葛餅」を使ったスイーツを食べてみました。
選んだお店は「珈琲茶房 餅陣 住吉」
「くずもちサンデー」をオーダーしました。
門前の老舗「久寿餅本舗住吉」の葛餅と「マザー牧場」のソフトクリームのコラボだそうです。
ワッフルコーンの上にソフトクリームときな粉をまぶした葛餅、あんこがのっていて蜜がかかっています。
葛餅のぷるんとした舌触りときな粉、あんこの甘さ、ソフトクリームの冷たさが暑さで疲れた体にしみて美味しかったです。
変わった組み合わせのような気もしますが、「クリームあんみつ」があることを思えばそれほど不思議な食べ物でもありませんかね。

風鈴市0013

さらに参道を駅に向かう途中でお土産を購入。
「住吉屋総本店」「久ずもち」です。

風鈴市0018

名前は似ていますが、先ほどの「久寿餅本舗住吉」とは別のお店。
実は葛餅はけっこう好きで、普通の食べたかをしたくて買って帰りました。
昔ながらのちゃんとした葛餅なんでしょうか。
葛餅らしい味の癖みたいのもあってとっても美味しかったですよ~。

風鈴市0019

川崎大師(金剛山 金乗院 平間寺)


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。