2014年05月28日 (水) | Edit |
八戸駅吉田屋「とろサーモン炙り寿司」です。

サーモンというのはもちろん一般的に「鮭」のことですよね。
ベニザケ、ギンザケ、シロザケ、キングサーモンなどいろいろな種類があって、味も見た目もいろいろ。
マスといわれる魚とも種類の違いではないという話もあるし、身近なようでなかなか難しい魚ですね。

サケといえば北海道の川に遡上する様子はテレビなどでみたことがありますが、八戸あたりの川にも遡上するんでしょうか?
東北地方の駅弁でもサケをテーマにしたものを見かけることが多いんで、わりと日本の広いエリアの川に遡上する(あるいはかつては遡上した)んでしょうね~。

さて、今回の駅弁のサケ=サーモンは「とろサーモン」
「脂ののったサーモン」ということなのかな?

とろサーモン炙り寿司 01

パッケージは箱型の帯?というか弁当箱と同じぐらいの太さの型紙の帯状です。
中身の写真とともに、
「脂ののったサーモンを香ばしく火で炙り、
甘味のある白醤油に漬け込みました。
ほぐし身の鮭といくらの醤油漬け、
自慢の特製酢飯とともにお召し上がりください。」

と書いてあります。
・・・まぁ、この駅弁の全てが書いてある感じというんでしょうか・・・

とろサーモン炙り寿司 02

お弁当はご飯の上におかずがのった丼スタイル
お寿司なのでチラシスタイルかな?

まん中に大きく4枚、鮭の切り身がのっています。
マグロのトロなんかと違って、ぱっと見た感じでは脂がのっているのかどうかよくわかりません。
周りを火であぶって、スライスして、白醤油に漬けたもののようです。
白醤油というのは主に小麦粉から作る醤油のことのようです。
色は薄口醤油よりもさらに薄め、そしてほのかに甘味があるそうです。
あまりききませんが、どうやら東海地方あたりの調味料のようですね。
白醤油漬だからなのか、鮭の美しいサーモンピンクが失われず、とてもおいしそうですね。
炙ってあるのもいい感じ。
「炙る」というのは、なんとな~く美味しそうに感じられる魔法の言葉ですね~。
確かに脂がのったようなまろやかな味でとっても美味しいです。
鮭の味を殺さないほのかな醤油の味・・・白醤油、なかなかいいですね。
このほかにサケフレークとイクラの醤油漬、ニンジン、シイタケの煮物、お漬物がのっています。

もうちょっとボリュームがあったら嬉しいのにな~、という感じでした。
美味しかったです。






にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック