2014年03月16日 (日) | Edit |
「くろがね 堅パン」を買ってみました。

これは北九州市八幡あたりの名物お菓子。
大正末期ころから続く伝統的な食品です。

クッキングパパで紹介されていたのを読んで食べてみたいな~と思っていました。
(COOK.552 「バリバリいこう!! ショウユせんべい」 単行本第56巻)
北九州などのキオスクやスーパーに置いてあると書いてあったので、小倉駅に行った際にキオスクを覗いてみると・・・
売っていました!

堅パン 01

堅パン 02

見た目は大きくて平らな「乾パン」といったところ。
触った感じでもその硬さはよくわかります。
堅パン同士をぶつけるとカンッキンッと高い音がします。

かじってみるとその堅さがますます実感できますよ~。
前歯でかじるのはきつい。
奥歯でバリっといってください。
でもバリっといって口の中に入った破片はわりとすぐに食べやすい堅さになります。
溶け出すような感じ・・・かな?
ほんのり甘くてなかなか美味しいですよ~。
お年寄りや小さなお子様はミルクや紅茶、コーヒーなどに浸して食べると食べやすくなるみたいですね。
この食べ方も美味しそう。

袋の横にいろいろ説明が書いてあります。
堅パン 03

コピーは「健康はアゴから」
子供の歯固めにもいいんですね~。

この「くろがね 堅パン」は、大正末期に官営の八幡製鉄所が従業員たちのために開発したものだそうです。
ガチガチに堅くて、それなのに少し甘くてミルキーな味。
製鉄所で働くタフガイたちの小腹を満たしたんでしょうか。
(pecopecoの鉄鋼マンのイメージ=新日鉄釜石や神戸製鋼のラガーマン)
疲れた体や頭にききそうですね。
よく噛まなければいけないのでお腹もふくれそうだし。

堅パン自体はヨーロッパなどでは昔からある軍の携行食のようです。
軽いし日持ちするし栄養価も高そうなんでで便利なんですね。

いまでも災害に備えた保存食・非常食として重宝しそうです。




クッキングパパ56巻-【電子書籍】

クッキングパパ56巻-【電子書籍】
価格:525円(税5%込、送料込)




にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
自分も、クッキングパパで読んで、買ったクチです。おいしいですよね。
横浜近辺だと、成城石井とかで売っていると思います。
2014/03/17(Mon) 13:20 | URL  | 荷物電車 #LWshcgts[ 編集]
こんにちは♪

地元の商品を紹介していただいて嬉しいですi-189
舐め溶かしながら食べると良いのですが、歯の悪い方は要注意なんですよねi-229
2014/03/21(Fri) 18:39 | URL  | akii #wKydAIho[ 編集]
こんにちは荷物電車。
関東でも買えるんですね~。
今度のぞいてみます!

2014/03/21(Fri) 18:39 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
こんにちは、akiiさん。
北九州の方ですか。
はじめまして。
ほんとうに堅いですよね。
娘が1才くらいのときにかじって「かたい・・・」って言って涙目になってました。
その後麦茶で溶かしながら食べさせましたよ。
最近また食べたいな~と思ってます。
2014/03/21(Fri) 18:43 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック