2013年09月26日 (木) | Edit |
熊本駅ニシコーフードサービス「九州 うまか赤鶏弁当」です。

熊本といえば加藤清正公熊本城、そして「馬肉」・・・
地鶏のイメージはなかったんですが、よく考えてみれば九州全域で「としめし」「かしわめし」の系統は楽しめるので、熊本にもあるんでしょうね。
ここで使われている「赤鶏」というのは「肥後の赤鶏」のことのようです。
「肥後の赤鶏」というのは熊本地方の自然の中でストレスなく育てられたハーブ地鶏のこと。
本当はもっと細かい基準があるんでしょうけど、シロートに理解できるのはとにかく美味しい地鶏ですってことくらいでしょうか。

九州 うまか赤鶏弁当 01

掛紙には田舎の風景とニワトリが描かれています。
こんな風にそだった地鶏を使っていますというメッセージなんでしょう。
箱は真っ黒で、いたってシンプル。

九州 うまか赤鶏弁当 02

お弁当はご飯の上におかずがのった丼スタイル
九州で鶏系の駅弁とくれば、ご飯はもちろん「とりめし(かしわめし)」
地鶏の出汁で炊き上げたご飯は美味しいですよね~。
メインのおかずは鶏のテリヤキ
錦糸卵がしかれた上にのっています。
いっけんパサついていそうに見える鶏肉ですが、意外なしっとり感柔らかさがあってとっても美味しいです。
大きな塊肉をテリヤキにして切り分けた感じでしょうか?
断面はテリヤキソースの味がついておらずあっさりした味わいになっています。
おかずは他に、シイタケ・ニンジン・レンコンの煮物高菜漬け。
レンコンは辛子レンコンにしてくれたらもっと地域色がでて楽しいんですけどね~。
味付けは煮物も含め全体的にあっさりめ。
とっても美味しかったです!


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック