2013年06月28日 (金) | Edit |
JR桜木町にあるお蕎麦屋さん、「川村屋」に行ってきました。

川村屋 01

お蕎麦屋さんといっても、いわゆる「駅蕎麦」
駅の立ち食い蕎麦屋さんです。
駅の改札外にあるので、切符を買わなくても利用できます。

僕はこのお店が好きで、普段のお昼にも電車に乗ってちょいちょい食べに行っています。
(定期券あり・・・です)

川村屋 02 とりそば キス天

今回注文したのは、「とりにくそば」+「キス天」
「『とりにく』の温かいおそばにキス天を乗せてください」と注文しました。
そう、最近の首都圏の駅そばにしては珍しく食券制ではありません。
カウンター越しに口頭で注文して、その場でお支払いをするシステムです。

このお店の特徴は化学調味料を使用しない「天然だしのつゆ」
すご~くいい香りがするんです~。
空腹時には効くんですよね~、ここを素通りするのは至難の業。
高校生のころも、部活の試合の帰りなんかに立ち寄ったことを思い出します。
まだ「みなとみらい」はつくりはじめたばかりで、東横線は「桜木町」駅が終着でしたね~。
なつかしい・・・

「とりにくそば」は甘く煮た鶏肉がのったお蕎麦。
食感も味わいも柔らかくて美味しいですよ。
キス天もつゆが程よく染みて、なかなか美味しいんです。

ちなみに天ぷらは、キス天のほかに、アジ天、イカ天、かき揚げがあります。

お蕎麦はそれぞれ温かいのと冷たいのがあり、うどんもありますよ。

蕎麦自体は立ち食い蕎麦屋だなっていう感じのものなんで、さすがに「ひきたて、うちたて、ゆでたて」のお店のようにはいきませんけどね~。

場所柄外国人のお客さんも多いからなのか、英語のメニューも貼ってあります。
「かけ」は「Plain」なんですね・・・

さらに、入り口の辺りはミルクスタンドになっており、牛乳やフルーツ牛乳、パンなんかが売っているんです。
昭和の駅の風景っていう感じですよね。
ちょっと違うのは、「青汁」がメニューにあるところかな~。

ところでこのお店、創業はなんと明治33年!
100年以上の歴史のあるお店なんですね。
開業にあたっては「伊藤博文」が一枚噛んでいるらしい・・・
ってお店の中に書いてありました。
超庶民的なお店ながら、あなどれません。

桜木町で小腹がすいたら、ぜひ試してみてください。
おススメです!


神奈川県横浜市中区桜木町1-1 桜木町駅構内
川村屋
TEL:045-201-8500

大きな地図で見る


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック