--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年06月24日 (月) | Edit |
塩尻駅カワカミ「とりめし」です。

駅弁定番の「とりめし」シリーズ。
今回も美味しい「とりめし」をご紹介します。
(当ブログ内では他にもたくさんの「とりめし」「かしわめし」系駅弁をご紹介していますので、ぜひ探してみてください)

塩尻駅はJR中央線などの駅で、特急「あずさ」や「しなの」も止まる駅です。
・・・が、特に何があるということもない、こじんまりとした駅です。

駅弁的には特急が止まることもあって、いろいろな種類が置いてあってうれしい駅です。

とりめし 01

賭紙は厚紙タイプで、卵形のかわいらしいニワトリの絵が描かれています。
ちょっと小ぶりの印象ですね。

とりめし 02

中身はご飯の上におかずがのった丼スタイル
ご飯はいわゆる「かしわめし」のようです。
鶏の出汁のきいた炊き込みご飯ですね。
よ~く味が染みていて、本当に美味しいです。
思ったよりも深みがあって、ご飯の量もなかなか!

メインのおかずはもちろん鶏肉。
「から揚げ」「そぼろ」の2種類です。
「とりめし」のおかずに「から揚げ」が入っているのはちょっと珍しいんじゃないでしょうか?
一見照り焼きか何かのように見えますが、薄い衣がついていて、間違いなくから揚げでした。
生姜がきいていてとっても美味しいですよ~。
さらに刻んだ野沢菜がたっぷりのっています。
関西方面ではよく刻んだ高菜がご飯の上にのっていたりするんですが、この駅弁の野沢菜も同じような使い方ですね。
野沢菜は正直にいって、好きでも嫌いでもなく、あってもなくてもいいような印象だったんですが、この使い方はいいですね、とって美味しく感じました。
これからはお土産などで野沢菜をもらっても無駄にしなくてすみそうです。

シンプルながらとっても美味しい駅弁でした!

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。