2013年06月12日 (水) | Edit |
宮崎駅宮崎駅弁当(いなだ)「豚丼」です。

宮崎といえば、農業が盛んな地域。
鶏肉、牛肉、豚肉などはいずれも日本有数の生産量を誇っているそうです。
でもいまいち知られていないですよね。
美味しいものをたくさん作っているのに、それを上手に食べさせる方法が発達していない・・・
そんな感じの印象でしょうか。

今回宮崎駅で購入したのは豚肉のお弁当。

豚丼 01

掛紙は黒地に赤の文字で「豚丼」、そして内容物の写真。
さらに、ちょっとびみょ~な絵柄で豚さんが描かれています。
「ブったまげた旨さ!」とも書いてありますねぇ・・・
なんだか懐かしい「駄菓子」のような雰囲気のデザインですね~。
ただ、「宮崎県産 完熟豚ロース使用」との文字も。
これはなんだか美味しそうな響き・・・

容器はコンビ弁当的なプラスチックのもの。
掛紙といい、容器といい、若干やつっけなような・・・

豚丼 02

お弁当はその名のとおり、ご飯の上におかずがのった「丼スタイル」
メインのおかずはもちろん「豚肉」。
完熟っていうのはどういう意味なんでしょうかね~。
東京駅の「こだわりのとんかつ弁当」のときの「熟成チルドポーク」とおんなじような感じなんでしょうか?
このときは熟成に適した低温で冷蔵しながら輸送中に熟成した豚肉っていうことでしたが・・・

このお肉が思ったよりも肉厚で、しかも冷めているのに比較的柔らかく、なかなかの美味しさ
タレは塩ダレ
やや濃い目の味つけがご飯に本当によく合うんです。
となると、当然、「求む!ご飯大盛り!」ですよね~。

おかずは他に赤ピーマン(さすがは宮崎!)やかぼちゃなど。

掛紙や容器の印象とは異なり、とっても美味しい駅弁でした!
(もっともっとガッツリ行きたかったな~)


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック