--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年05月16日 (木) | Edit |
名古屋駅ジェイアール東海パッセンジャーズ「飛驒路の旅」です。

「飛驒路」・・・この「~路」っていう表現は情緒があっていいですね~。
「旅行」じゃなくて「旅」っていう感じがします。

「飛驒」は旧国名で現在は岐阜県の飛驒市、高山市あたりになるんでしょうか?
この駅弁での「飛驒路」とは、要するに「岐阜県の旅」といった感じの意味合いなんでしょうね。

「岐阜県」という言葉で思い出すのは「山」のイメージ。
世界遺産となった白川郷の合掌造りをはじめ、下呂温泉郡上八幡馬籠宿、そしてもちろん飛驒高山など、いい感じの山系の観光地がたくさんありますね~。

今回の駅弁はそんな岐阜県の旅行をお奨めする、JR東海の「Shupo冬の飛驒路キャンペーン」とのタイアップ駅弁のようです。
しかも期間限定!

飛驒路の旅 01

パッケージ、容器としては竹の皮で編んだようなタイプの容器に小さな掛紙がついています。
掛紙には岐阜県内の名だたる名所の写真が並んでいます。
「白川郷 合掌造り」
「飛驒高山 中橋」
「冬の下呂温泉花火物語~花火の歳時記~」
「飛驒古川 瀬戸川と白壁土蔵街」
「奥飛驒温泉郷 新穂高ロープウェイ」
どれも素敵ですね~。
この中で僕が行ったことがあるのは「飛驒高山 中橋」。
中学生の頃だったので、その魅力はまだあんまりわかりませんでしたが・・・

飛驒路の旅 02

ご飯は俵型のおにぎりが4つ。
掛紙裏面に書かれたお品書きによると、
「めしどろぼ漬けおむすび」
「飛驒牛うま煮おむすび」
「煮たくもじおむずび」
「味噌焼きおむすび」

の4種類。
なんだかよくわからないのがありますね。
「めしどろぼ漬け」は飛驒地方の伝統的なつけもので赤カブや大根などを醤油などで味付けしたものだそうです。ネーミング的には、「ままかり」や「酒盗」と同じようなセンスですかね。
「煮たくもじ」は、漬物の炒め煮のことのようです。
牛肉のうま煮も味噌焼きもそうですが、保存食系が多いのが特徴みたいです。
海がなく、冬は雪に閉ざされる山の暮らしの知恵なんでしょうね~。
どれもとても美味しいです。
家でつくるおにぎりでも、コンビニのおにぎりでもなかなかお目にかからないラインナップが楽しいですね。

おかずはバリエーションに富んでいます。
まず目に付くのが鮎の甘露煮
岐阜県いえば、長良川を中心に鮎が有名ですもんね。
小ぶりな鮎の甘露煮はごはんによくあって美味しいです。
煮物は大根、ジャガイモ、こんにゃく、しいたけ、にんじん。かぼちゃなどの定番がそろっています。
これ以外にも舞茸のてんぷら玉子焼き塩ぶりかまぼこ胡麻豆腐胡桃の甘露煮などなど。
味付けは全体的にやや濃い目、やや甘めな印象。
どのおかずも美味しかったですよ~。
お弁当の底には朴葉がしかれています。
朴葉は食べられませんが、ちょと雰囲気がでて楽しい演出でした。

(*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3

それにしても・・・
白川郷に行ってみたい!
合掌造りの家に泊まってみたい!
できれば雪の積もった冬がいい~~~!

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。