--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年05月03日 (金) | Edit |
博多の有名ラーメン店、「元祖ラーメン長浜家」に行ってきました。

「長浜ラーメン」という言葉は横浜あたりでも耳にすることはあります。
博多あたりのラーメンの総称なのかと思っていたら、ちょっと違うみたいですね。

博多エリアでも、赤坂駅にちかいあたりのお店でだされるラーメンのタイプを「長浜ラーメン」というんですか?
で、その中でも元祖なのが今回訪れた「元祖ラーメン長浜家」だということです。
ちなみに「長浜家」は「ながはまけ」と読むみたいです。
(同じような名前のお店が複数あるので注意してくださいとのことでした)

お店に入ると、いきなり「麺の固さ」を聞かれてちょっとびっくり。
このお店のメニューが、ラーメン替玉替肉のみだから、必ずラーメンを注文するんで、硬さ以外は聞くまでもないってことなんですね。
長浜ラーメンに関しては全くのシロートなんで、無難に「フツーで」と答えました。
注文してから出てくるまでほんの2~3分。
すっごく早いんです。
メニューの種類がないからやることがシンプルっていうこともあるんでしょうが、はらぺこさんには嬉しいですね。

元祖ラーメン長浜家

スープは豚骨スープ
博多のラーメンで想像する白い豚骨スープとは違い、やや茶色がかった色合い。
白いスープのラーメンよりも臭みがない感じでとっても美味しいです。
意外にあっさりしているんですね。
さっぱりという感じではなく、深いコクがありつつあっさりしているというか・・・独特ですね。
麺は細いストレート麺。
スープとよく馴染んでとっても美味!
具は煮豚のみたいなものとネギのみ。
シンプルですね~。
煮豚は塩分強めです。
これを肴にビールを飲んでいる人もいました。

もちろんメニューにあるとおり替玉制度あり。
さらに替肉制度もあります。

ラーメンは400円、替玉・替肉は100円。
安い! まさにワンコインでおなかいっぱい食べられますよ!

ところで常連さんぽいひとたちで「なま」っていいながらお店に入ってくる人がたくさんいました。
てっきり「生ビール」を注文しているのかと思ったんですが、飲んでいる気配はない・・・
不思議に思ってお店の方にきいてみたところ、「なま」というのは麺をお湯にさっと通しただけの状態(ほとんど茹でない?)で出す、もっとも硬い茹で加減のことだそうです。
どんだけ硬いんでしょうかね~?
興味はありましたが、勇気がなかったので替玉も「ふつー」で注文しちゃいました。

このお店の特徴なのか、この地域の特徴なのか、お客さんとお店の方のコミュニケーションが非常に盛んで、世間話みたいなちょっとしたトークをしながら入ってきたり出て行ったりする人が多かったのがびっくりでした。
たまたま常連さんばっかりの時間帯だったのかな~?

(*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3

博多には横浜や東京あたりとは全く違うラーメン文化があるんだな~と感じました。
どちらかといえば東京の蕎麦文化に近いような位置づけでしょうか。

このお店はなんと24時間営業だそうです。
早朝の朝ごはんにラーメンなんていうこともできちゃうお店ですよ。



元祖ラーメン長浜家
福岡県福岡市中央区大手門2-7-10

大きな地図で見る


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
懐かしいです^^
おはようございます。
元祖ラーメン長浜家、懐かしいですね~^^
ウン十年前に出張で福岡に行ったときに、地元の方に連れて行っていただき、当時は豚骨など殆ど無かったので、無性に感激しましたね。
当時の記憶が正しければ近くに「本家」の長浜屋があったような気がするのですが。。。
2013/05/08(Wed) 06:06 | URL  | 薄荷脳70 #z3DJMOlI[ 編集]
こんにちは、薄荷脳70さん。
そういえば、道路の反対側の方にあったかもしれません。
確かにほとんど同じような名前のお店が。
僕は会社の同僚から、ここを聞いていてあらかじめ調べていったんですが、他のお店もちょっと気になりますね~。
2013/05/08(Wed) 23:30 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。