--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年04月26日 (金) | Edit |
新千歳空港駅三美「うにめし」です。

このお弁当は新千歳空港駅のホームで購入しました。
そのため、駅弁としてご紹介します。

・・・が、新千歳空港内の売店でも売っていました。
もしそちらで購入していたら、空弁だったんですね。

空弁か、駅弁か・・・
当ブログ的には、そのへんの細かい部分は曖昧なまんま楽しみたいと思います。

うにめし 01

丸いフタには美味しそうなウニの写真と平仮名で「うにめし」の文字。
ウニというのは種類によるんでしょうが、北海道特産というわけではないですよね。
うちの近所の相模湾や東京湾でも食用としてのウニが取れるはず。
それでも北海道でウニというのはなんとなく説得力のある組み合わせなんですよね~。

うにめし 02

中身はご飯の上におかずがのっている丼スタイル
ご飯の総面積のうち、半分強に蒸ウニがのっています。
市場や料理屋さんで食べるようには行きませんが、なかなか美味しいですね。
濃厚なうまみが楽しめて、臭みも感じませんでした。
他には赤貝(さるぼう貝)錦糸卵しばわかめお漬物がのっています。
この赤貝(さるぼう貝)も濃い目の味付けがご飯によくあって美味しかったです。

ただ、全体的に量は少なめ。
やっぱり求む!ご飯大盛り!

(*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3

ところで、九州の小倉駅でも「うにめし」という駅弁を食べました。
こちらの「うにめし」はウニの炊き込みご飯。
同じ様な材料で、同じ名前でも地域が違えば全然違うものに。
駅弁で感じられる食文化の豊かさってところでしょうか。
こういうところも楽しいですね~。(^▽^)/


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。