--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年04月24日 (水) | Edit |
相鉄線小田急線大和駅近くの坦坦麺専門店弘麺分店で坦々麺を食べてきました(半年くらい前ですが)。

小田急線は有名な私鉄ですが、相鉄線はマイナーかな?
相鉄線というのは相模鉄道の略称。
横浜~海老名、湘南台をつなぐ私鉄です。

大和駅は大和市にあります。
大和市というのは神奈川県にあるんですよ。
神奈川県民はもちろん知っていますが、全国的には奈良県にあると思っている方も多いんじゃないでしょうか?

今回訪れたお店は大和駅の繁華街とは少し離れたところにあります。

メニューには、坦々麺、黒胡麻坦々麺など、坦々麺系のメニューの他、レバニラや天津丼などのよう日本の中華料理屋さん的な料理も並んでいます。
坦々麺専門店というよりは、坦々麺が売りの中華料理屋さんといった趣ですね。

担担麺専門店 弘麺 分店

今回は普通の「坦々麺」を注文。
坦々麺というのはお店によっていろいろなタイプがありますよね。
とにかく辛い真っ赤なやつ、黒胡麻のやつ、白胡麻のやつなど・・・
ここの普通の「坦々麺」はいたって普通。
黒胡麻、白胡麻の香りやコクありますが、主役は赤い辛味です。
辛味は特に強いわけでなく、程よい感じでとっても美味しいですよ。
辛味、酸味、コクのバランスがちょうどいいです(僕にとってはですが)。
具にはひき肉とネギと水菜かな?
麺は中太で、スープによく馴染む感じで美味しかったです。
特別感はありませんが、近所にあったら嬉しいような、そんな美味しさの坦々麺でした。
(辛さは調整がきくようです。辛いのが好きなかたもご安心ください。)

ところで、このお店で嬉しいのは、キムチとご飯が食べ放題なところ。
炊飯器の中のご飯、タッパーの中のキムチを自分で器にとって食べるスタイル(この部分はセルフサービスってこと)。
このキムチがとても美味しかったんですよね~。
自家製のようでしたよ。
680円の坦々麺でこんなに食べていいのっていうくらい食べられますよ!
それにしても、中華料理屋さんでキムチっていうのはちょっと不思議。
韓国系の方が経営している中華料理屋さんっていうことなんでしょうかね?

もうひとつ、「分店」というのも謎です。
「本店」みたいなお店がどこかにあるんでしょうかね?


担担麺専門店弘麺分店
神奈川県大和市大和南1-12-24
TEL:046-263-6102

大きな地図で見る




飲み干す一杯坦坦麺(ケース販売 12個入り)

飲み干す一杯坦坦麺(ケース販売 12個入り)
価格:1,999円(税込、送料別)




にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。