2006年07月15日 (土) | Edit |
長野駅ナカジマ会館「きじ焼丼」です。

長野駅の駅弁のなかでもひときわめだつ
立方体のような箱のパッケージ。
きじ焼丼 パッケージ


この駅弁は「復刻版」とあるように、鶏肉を使って
かつての「きじ焼丼」を再現したお弁当だそうです。
パッケージにもちゃんと「※鶏肉をきじ焼き風に
調理しました。」と書いてあります。

そして箱をあけると焼き物の丼が登場!フタも焼き物です。
きじ焼き丼


茶飯の上に鶏そぼろ、玉子そぼろ、鶏の照り焼き、野沢菜、
しめじなどがたっぷりの乗っています。
「根元 八幡屋磯五郎謹製 善光寺名物七味唐がらし」つき。
「八幡屋磯五郎」は善光寺門前に店を構える「七味唐がらし」の
老舗。創業280年以上!らしいです。
このあたりのこだわりも嬉しいところです。

ともに大満足の駅弁。
もう一度食べたいと思わせてくれるほど美味しかったです。

この駅弁、中村武志氏の著書『目白三平 駅弁物語』によると、
かつて皇室の方々のお気に入りでもあったようですよ。
当時は本物の雉だったんでしょうかね~?

容器が焼き物なので食べ終わるまで取り扱い注意です。(^~^)

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
あいちゃん、ごめんなさい。
せっかいく頂いたコメントを操作ミスで削除してしまいました・・・
ごめんなさい。
2006/07/17(Mon) 18:22 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
わざわざ野ご訪問有難うございます。
操作ミスなんて、良くあることです。
peco pecoさんの駅弁、
次は、何が来るのか楽しみにしています。
2006/07/17(Mon) 21:28 | URL  | あいちゃん #H6fhdG2A[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック