2013年03月16日 (土) | Edit |
新横浜駅ジェイアール東海パッセンジャーズ「横濱オムライス」です。

駅弁といえば、幕の内弁当や助六寿司、おにぎりなどが代表的であるように、基本的には「日本のお弁当」ですが、最近では全国各地に洋食系の駅弁も増えてきています。

そうは言っても今回ご紹介する「横濱オムライス」ほど、「ザ・洋食」な駅弁はまだ少ないんではないでしょうか(他には新神戸駅の「神戸のステーキ弁当」あたりが代表でしょうかね)。

横濱オムライス 01

パッケージには「横浜赤レンガ倉庫2号館」の写真が使われています。
横浜・洋館・洋食・・・・っていうイメージの繋がりなんでしょうね。
お弁当名の「横濱オムライス」の上に、アルファベット表記で「yokohama omurice」と書いてあります。
オムライスは「omurice」と書くんですね。
ライスが「rice」なのはわかるとして、オムはオムレツ(「omelet」または「omelette」)のオムなので「ome」なのかな~と思っていたんですが・・・「omerice」だと違和感があるんでしょうかね~。

横濱オムライス 02

オムライスはケチャップライスというかチキンライスを玉子で包んだ昔ながらのタイプです。
ケチャップはビニールの小袋に入っていて、食べるときに自分でかけるようになっています。
なんとも懐かしい味です。
子供の頃に食べたオムライスの味。
ご飯はやや水分が多い感じでもっちりしています。
ご飯の感じといい、玉子の焼き具合といい、洋食屋さんの味というよりは、定食屋さんのオムライスの味っていう感じですかね~。
グリーンピースが乗っているところなんかも、そんな感じ。
ラーメンもうどんもカツ丼もカレーも野菜炒めもあるような、昔懐かしい町の定食屋さんのオムライス味。
なんとく昭和レトロな美味しさですよ。

おかずは、甘く煮たニンジン、ポテトフライ、シュウマイ、コールスロー、ハンバーグ(つくねかと思った)福神漬けなど。
小袋に入った醤油つき。
シュウマイはともかく、おかずも洋食系でほぼ統一です。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック