2013年02月24日 (日) | Edit |
熊本駅ニシコー「鰻せいろ蒸し」です。

ニシコーの「~蒸し」といえば、熊本駅で温かまま販売されている駅弁。
前回(数年前ですが・・・)は「穴子せいろ蒸し」を購入したんですが、なんと掛紙なしというちょっとビックリした駅弁でした(詳しくは、穴子せいろ蒸し -熊本駅- で!)。

今回はやっぱり「鰻」のほうを選択。

鰻せいろ蒸し 01

念願の?掛紙は木版画調のデザインで「味一番 うなぎのセイロむし」と書いてあります。
「むし」の「し」がうなぎの図柄になっていますね~。
容器は木製のいわゆる「わっぱせいろ」というんでしょうか。
容器の上(掛紙の下)からラップにくるんだ状態になっているので、しっとり感はきっちりとキープされています。

鰻せいろ蒸し 02

お弁当は、ご飯の上におかずがのった丼スタイル
メインのおかずはもちろん「うなぎ」
甘辛いタレにつけた蒲焼的なうなぎが錦糸玉子が敷かれたごはんの上に乗っています。
おかずは他にゴボウとお漬物。
シンプルですね。
まあ、「うな丼」の一種でしょう。
温かいまま売っているので、鰻も柔らかくて美味しいですよ(僕が食べ始めた時にはちょっと冷めかかっていましたが、充分に美味しかったです)。
ご飯にはたっぷりとタレが染みていて、こちらもとっても美味ですよ。

買ってから温めるのではなく、温かいまま売られている駅弁というのは珍しいですよね。
もちろん温かいまま食べるためには買ってすぐに食べなければなりませんが、「穴子せいろ蒸し」とともにおススメの駅弁です!

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック