--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年02月03日 (日) | Edit |
名古屋駅松浦商店「名古屋お料理辨當」です。

名古屋といえば、食いしん坊的にはやっぱり「名古屋めし」
一時期のようなブームは終わったようですが、やっぱり名古屋にいったら楽しみたいものです。

とはいえ、僕の住む横浜から名古屋までは新幹線で1時間半ほど。
時間的には埼玉の北部や千葉の房総あたりに行くよりも早くついてしまうので、仕事で行ってもなかなかゆっくりする時間は取れません。
ということで今回は駅弁で名古屋の味をなんとなく楽しみました。

名古屋お料理辨當 01

容器は竹の皮の箱。
本物の竹っぽいですが、どうなんでしょうか?
掛紙は戦前の洋食レシピ本的な(かってなイメージですが・・・)デザイン。
「お料理」っていう名前のイメージにぴったりかも。
「みそカツ丼」「ひつまぶし」「天むす」と書いてあります。
代表的な名古屋めしのラインナップ。
楽しみです。

名古屋お料理辨當 02

フタをあけると6ブロックに分けられたお弁当が登場。
第一印象は、「量が少なめ・・・」。
とはいえ、色鮮やかなおかずたちには食欲をそそられます。
6ブロックのうち、3ブロックにお米、残りの3ブロックはおかずです。
お米のブロックも、単なる「ご飯」ではなく、それぞれおかずがのっているので、色鮮やかな印象になるんでしょうね~。

ご飯部分は掛紙に書かれていた「みそカツ丼」「ひつまぶし」「天むす」
「みそカツ」はもちろん味噌でいただきます。
「ひつまぶし」は、錦糸玉子と鰻の蒲焼ののったご飯。
「天むす」はもちろん天ぷらのおにぎりですが・・・見た目はちょっとお寿司っぽい感じ。
通常の天むすが中に天ぷらが入っているのに対し、このお弁当ではご飯の上にのっけて海苔で巻いて・・・ってなっているからでしょう(酢めしではないですよ)。
バリエーションに富んでいて、とっても美味です。

おかずのほうも種類豊富。
しいたけ・たけのこ・にんじん・五目巾着・コンニャクなどの煮物、つくねの串焼き、昆布の煮付け、玉子焼き、カマボコなど。
そして面白いのが「きしめん」
これはなんて言えばいいのか・・・和風だしの焼きうどん的な感じでしょうか。
ちょっと新鮮でした。

ご飯もおかずも華やかでとっても楽しめる駅弁でしたよ!







にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。