--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年04月30日 (月) | Edit |
熊本駅音羽屋「殿様弁当」です。

熊本の殿様といえば、熊本城を築城した「加藤清正」が思い浮かびますが、この駅弁の名前の由来になったのは別の殿様。
江戸時代の肥後熊本藩を治めた細川家の第18代「細川護煕」さん。
第79代総理大臣への就任を祝って作られた駅弁だそうです。
(「殿様」の由来については「駅弁資料館」http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/を参照しました。ありがとうございました。)

殿様弁当 01

パッケージは、「幕の内」と書かれた箱型。
地元の殿様が総理大臣になった記念という割にはひどいパッケージです。
確かにこの駅弁は「殿様弁当」という名前の幕の内弁当なんだろうけど、あまりにも工夫がないというか、手抜きというか、コスト削減というか・・・
これはおそらく仕出し弁当屋さんなどで一般的に使われている箱ですよね。
せめて掛紙くらいは用意して欲しいものです。

殿様弁当 02

ご飯は白ごはんに白胡麻・黒胡麻を少々振りかけたもの。
真ん中に赤いカリカリ梅。
駅弁の定番中の定番スタイル。
おかずは幕の内弁当らしく、いろいろ入っています。
ただしそのラインナップは熊本エリアの特産品を集めたもの。
辛子蓮根・よもぎふと里芋の田楽・たこ甘酢漬・焼太刀魚・サツマイモの甘露煮・高菜漬・あさりのすり身とこんにゃくと有頭海老の煮物、人文字ぐるぐる、などなど。
辛子蓮根は熊本名物としてメジャーですが、他はあまり馴染みのないおかずたち。
特に「人文字ぐるぐる」はどれを指しているのかさえわかりませんでした。
家に帰ってしらべたところ、熊本の郷土料理で「ワケギのヌタ」のような食べ物のことみたいですね。
この駅弁のおかずの中ではネギの酢味噌和えみたいな感じのおかずがそうみたいです。
郷土色豊かでとっても楽しい幕の内弁当でした~。

でもそれだけにパッケージにもうひと工夫欲しいところですよね~!



にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。