2012年03月17日 (土) | Edit |
東京の港区に「新橋」という駅があります。

JRの山手線、東海道線、横須賀線、東京メトロなどの駅がある街です。
汐留、内幸町、虎ノ門などの各駅が同じエリアといっていいかもしれません。

新橋駅前といえば、テレビ番組でほろ酔いかげんのサラリーマンにインタビューをしたりするところ。
丸の内ほどエリートっぽくないですが、大企業、有名企業、官庁などがいろいろある街で、いわばサラリーマンのメッカともいえる街ではないでしょうか。

そんな街だけに舌の肥えたおじ様やOL様たちの胃袋を満足させるお店がたくさんある場所でもあります。

今回はそんななかから、美味しい「刀削麺」が食べられるお店をご紹介します。

名前は「長安刀削麺」

新橋駅から虎ノ門駅に向かって10分くらい歩いたあたりにあるお店。
大きな通りからヨコに一歩入ったあたりにある小さなお店ですが、これがとっても美味しいんです。

長安刀削麺

そもそも「刀削麺」というのは水で練った小麦粉の塊を専用の刃物で削って直接お湯に落とし入れて茹で上げる麺料理のこと。
見た感じは「きしめん」や「ほうとう」などの平打ちのうどんににていますが、食べた感じはやっぱりラーメンの仲間という印象です。
職人(料理人)さんの肩に担がれた小麦粉の塊から削られた麺は、まるで若鮎が渓流を跳ね登るかのように、お湯の中に飛び込んでいきます(ほめすぎか?)。
見ているだけでも楽しいですよ~。
「長安刀削麺」も職人(料理人)さんのが厨房でやっているのがチラッと見えました。
特にソレを見世物にしているという感じではなく、当然のこととしてやっているところは職人の心意気なんでしょうかね。
味(スープの)は辛いのから辛くなのまでいろいろありましたが、今回は坦々麺を選択。
様々なスパイスが効いていて複雑ながら本当に美味しいです。
辛さの奥に甘みが隠れている、というんでしょうか?
シナモン(中華だから肉桂と書くべきでしょうか?)が使われているんでしょうかね~?
さらにパクチー
タイ料理などでも同じみのあの香草が載せられていて、辛さ甘さの上にさわやかな香りを添えてくれます。
ボリュームも相当なもの。
そもそも刀削麺は極太麺なので、食べ応え(噛み応え?)がある上、量もたっぷり。
ドンブリの中一杯に麺が入っているので、見た目以上のボリュームです。
ご飯のセットにしなくてよかった~、と思いました。
本当に美味しく、汁まで飲み干してしまいました。
ランチタイムにはデザートに杏仁豆腐が付いていましたよ♪

なお、汁跳ねを気にせず食べられるように、紙のエプロンがいただけますよ。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

新橋エリアはちょっとびっくりするくらい中華料理屋が多いですね。
リトル中華街といった感じで、美味しそうなお店がたくさんあります。
「刀削麺」は横浜の中華街でもそれほど多くは見かけませんが、新橋駅周辺の狭いエリアだけで何店舗かある様子でした(チェーン店ということではなく)。

場所はこのへん↓。

大きな地図で見る

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
はじめまして、旅と歴史の管理人、薄荷脳70です。
以前、ご訪問いただきありがとうございました。
会社が汐留なので、機会があればよってみたいです^^
実にそそられます。
勝手ながらリンクさせていただきました。また、寄らせていただきます。
2012/03/30(Fri) 04:41 | URL  | 薄荷脳70 #z3DJMOlI[ 編集]
薄荷脳70 さん、こんにちは。
リンクありがとうございます!
こちらからものリンクをはらせていただきます。
よろしくお願いします。
2012/04/01(Sun) 13:42 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック