2012年03月14日 (水) | Edit |
新横浜駅崎陽軒「お赤飯弁当」です。

お赤飯といえば日本全国共通の「おめでたい」ご飯ですよね。
様々な慶事に作られることが多いこのご飯ですが、駅弁にされるのは比較的珍しいのではないでしょうか。

お赤飯は、和菓子屋さんやお強屋さんなどではもちろん定番商品ですが、コンビニなどにもお赤飯のおにぎりがあったりしますので、お赤飯自体はさして珍しいものではありません。

・・・が、駅弁では見かけないですね。

もち米である以上、白米に比べて手間がかかることがひとつの理由でしょうか?

お赤飯弁当 01

掛紙には、花がつまれた車が描かれています。
おめでたい感じを表現しているのでしょうね~。

お赤飯弁当 02

ご飯は当然「お赤飯」です。
(フタを明けたら白ご飯だったらびっくりですもんね)
お強なのでやや固めですが、とっても美味しいです。
がのっていうのが、いっそう華やかな感じを出していますね。
おかずは鮭の塩焼き海老フライタケノコやニンジンの煮物つくね玉子焼きなどなど。
もちろん崎陽軒名物の「シウマイ」も入っていますよ!
おかずは種類も多く、とっても美味しくいただけます。
このあたり、さすがは崎陽軒!といった感じですかね~。

崎陽軒の駅弁は、横浜あたりでは仕出し弁当的に使われることがよくあるんですよ。
たとえば地域のお祭りやイベントの役員さんやスタッフのお昼ご飯、学校や幼稚園の運動会で教職員に配られるお弁当、などに崎陽軒のお弁当をよく見かけます。
駅弁とは別に仕出し弁当の受注もしているようですから、お赤飯の注文というのはけっこうあるのかもしれませんね。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック