2011年05月21日 (土) | Edit |
東京駅NRE大増「こだわりのとんかつ弁当」です。

「こだわり」のとんかつです。
何にこだわっているかというと、「熟成チルドポーク」「粗挽き生パン粉」
掛紙にそう書いてあります。
「熟成チルドポーク」というのは、熟成に適した低温で冷蔵しながら輸送中に熟成した豚肉のことのようです。
よくわかりませんが、冷凍しないことがポイントなんでしょうかね?
「粗挽き生パン粉」はそのまんまですね、家で作ってもサックサクになりますよね~。

こだわりのとんかつ弁当 01
掛紙は白地に墨で書いたような字体で「こだわりのとんかつ弁当」と、赤い芋版のようなタッチで「熟成チルドポークと粗挽き生パン粉使用」の文字と豚さんの顔がかかれています。
右下の方には墨のタッチでクルンと丸を描く線が引かれていますが、これはブタの尻尾なんですね~。
今気づきました、かわいらしいです。

こだわりのとんかつ弁当 02
中身はいたってシンプル。
とんかつとゴマのかかかった白ご飯(梅干あり)。
とんかつソースとからし、レモン汁が付いています。
付け合せにポテトサラダと野沢菜。
デザートにリンゴのシロップ漬。
これだけ。
とんかつはサクサクして柔らかくて、駅弁としては美味しいと思います。
(とんかつに付き物のキャベツの千切りがないのはちょっと寂しいです)
ボリュームは少なめ。
ご飯大盛求む!です。

が・・・
「とんかつ」の場合、「駅弁としては・・・」ではものたりないんですよね~。
東京駅のような大きな駅には、たいていとんかつ専門店が入っていますよね。
そしてテイクアウトのお弁当もやっている場合も多いですよね。
専門店のテクアウトを列車に持ち込めてしまう以上、駅弁のとんかつに勝ち目はないんじゃないか・・・って思ってしまいました。
名古屋の「みそかつ」のように旅人にとっては珍しいと感じるような特徴があれば別ですが・・・

学生のころ、まだ駅弁にはまる前ですが、新横浜から新幹線に乗るときには、いつも駅内にある「和幸」のヒレカツ弁当を買い込んだな~と思い出しました。

とんかつの駅弁は定番でシンプルなだけに難しいですね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック