2011年01月19日 (水) | Edit |
名古屋駅だるま「八丁味噌焼まぐろ弁当」です。

名古屋といえば赤味噌!
「味噌カツ」や「味噌煮込みうどん」といった名古屋めし
使われる甘めの赤味噌「八丁味噌」は有名ですが、
(といっても八丁味噌は名古屋市ではなく、岡崎市の名産なんですよね)
これに「まぐろ」というのはちょっと意外な取り合わせのような
気がしませんか。

「まぐろ」といえば静岡県の焼津漁港や神奈川県の三崎漁港が有名ですよ。
(あとは青森県の大間漁港なんかでしょうか・・・)

愛知県にもまぐろ漁の基地があるのかな~と思ってよく見ると、違いました。
まぐろは愛知県のお隣、三重県の勝浦漁港に揚がったもののようで、
「南紀勝浦産」と書かれていました。
南紀勝浦漁港は焼津、三崎に次ぐ、第3位のまぐろ漁の基地だそうです。

八丁味噌焼まぐろ弁当 01
パッケージは荒海から昇る朝日をバックにまぐろが跳ねる・・・
ようなド派手なもの。
「活〆まぐろの味噌漬け」と書いてあるのが美味しそうで良いですね。

八丁味噌焼まぐろ弁当 02
ご飯はわかめご飯。
ほのかな潮の香りが感じられ(ような気がする・・・)美味しいです。
おかずは主役のまぐろ味噌焼きサトイモ・昆布巻き・ニンジン・フキなどの煮物
玉子焼き春雨の酢の物かまぼこ、そして南高梅の梅干です。
まぐろの味噌焼は甘めで濃い目で名古屋らしい美味しさ。
ご飯がとっても進みます。
ほかのおかずが、駅弁定番のラインナップのみなのがやや残念。
もう一品ぐらい味噌系のおかずがあればなお良かったのにという感じでした。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック