2009年11月04日 (水) | Edit |
大阪難波駅味の大和路「大和路ぜいたく弁当」です。

「大和路」というのは、大和(今の奈良のあたり)を縦横に走る
古い街道のことをいうそうです。
関東地方の中学校なんかでは、京都と併せて修学旅行先の定番ですね。

どうして大阪の難波駅で「大和路」かというと、この駅から奈良に向かう
電車、「近鉄奈良線」があるから・・・だと思います。
僕としては確かに大和路の鉄道といえば近鉄のイメージが強いです。
JR奈良駅より近鉄奈良駅のほうが、奈良観光の中心地の東大寺興福寺
春日大社などに近いくて便利だからです。
JRにも「大和路快速」ていうのがありますが・・・

大和路ぜいたく弁当 01

パッケージは極めてシンプル。
楕円形の容器に赤いフタが乗っており、紙の帯で留めてあります。
その帯に「大和路ぜいたく弁当」と書いてある、ただそれだけ。
キャッチコピーもイラストも全く書かれていません。
名前の割りに地味ですよね~。

大和路ぜいたく弁当 02

でも中身の方は華やかですよ。
ご飯は茶飯
その上に錦糸玉子大和肉鶏照り焼き結崎ネブカの照り焼き
のっています。
「ネブカ」というのは「根深」、つまりネギのことですね。
鶏肉とネギの組み合わせなんで、焼鳥丼みたいな感じで美味しいですよ。
おかずにはごま豆腐筑前煮大和まなのお浸しだし巻き玉子
そしてデザートに柿餅です。
「大和まな」というのはほうれん草とか小松菜みたいな菜っ葉です。
この「大和まな」や「結崎ネブカ」のような奈良特産の野菜を大和野菜
いうそうです。
大和肉鶏や大和野菜など大和の名産品がつまった美味しい駅弁でしたよ。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

ところで近鉄の難波駅はいつから「大阪難波」駅になったんですかね?
昔からこうでしたっけ?

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
大阪難波駅
どうもです。
本年3月20日から近鉄と阪神の相互直通運転を契機に、近鉄難波駅→大阪難波駅、上本町駅→大阪上本町駅に改称されています。名古屋線でも富洲原駅→川越富州原駅と改称されましたが、これは地元要望に応えたもので、相互直通運転とは無関係です。
奈良と神戸が繋がったことで、奈良も神戸も観光客が増えていることと思います。地元・奈良は正倉院展も行われていたこともあり、例年より賑やかなような感じがします。計画から60年、工事中止から40年、阪神なんば線の開業は、乗客が減少一方だった近鉄にとっては、本当に救世主のような感じですね。
2009/11/04(Wed) 23:22 | URL  | もっちん #zaTBqBzo[ 編集]
こんにちは、もっちんさん。
今年の3月20日からですか~。
情報ありがとうございます。
この駅弁を買ったのが7月なので、そのときにはすでに「大阪難波」だったんですね~。
食い気ばっかりで全く気づきませんでした・・・
最近の関西は直通運転が増えて便利になっているみたいですね。
2009/11/05(Thu) 22:16 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック