--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月18日 (日) | Edit |
和田山駅福の家「こだわり釜めし」です。

和田山駅というのは、ややマイナーな駅ですが、京都から嵯峨嵐山、
福知山、豊岡、城崎温泉、鳥取、出雲市などを経由する山陰本線と、
和田山から姫路をつなぐ播但線の乗換駅。
位置的には丹波但馬の境い目辺りにあたるんだと思います。

こだわり釜めし 02

掛紙はオレンジ色の地に版画のようなデザインで農村風景画
描かれた素朴なもの。
掛紙のしたには釜飯でお馴染みの焼き物の器。
やっぱり釜飯は焼き物の器がいいですよね。

こだわり釜めし 02

中身は釜飯なのでご飯の上に具がたっぷりのっています。
まず目を引くのは三枚並んだキノコのスライス。
この形は・・・そう、松茸です。
かみ締めると松茸のあの香りが口の中に広がってとっても美味
真ん中の黒いものは黒豆
手前のお肉は牛肉
そのほかの海老キヌサヤ錦糸玉子生姜がのっています。
このおかずのラインナップはちょっと変わってますよね。
松茸、黒豆、栗は丹波地方の、牛肉は但馬地方の名産品ですよね~。
和田山駅周辺の名産品を釜めしにのっけてしまったって感じですね。
とはいえ、ここに使われているものはおそらく丹波の栗でも、丹波の松茸でも
但馬牛でもないと思います。
これらを全部使っていたらとても1000円の駅弁にはならないでしょうからね。
駅弁はあんまり高くないことも大事なポイントだと思います。
それでも駅弁としては十分美味しいですし雰囲気は伝わりますしね~。(*^0^) =3

この駅弁は改札を出てすぐの喫茶店内で販売していますよ。
駅のホームの売店の営業は繁忙期だけだそうです。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。