--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月07日 (日) | Edit |
新大阪駅吉野「太閤弁当」です。

新大阪駅の新幹線改札口の外にはたくさんの
駅弁が並んでいます。
その中でも吉野の駅弁の種類の多さはトップクラス
ではないでしょうか。

太閤弁当 01

掛紙は山に桜の花を散らしたイメージでしょうか。
吉野の桜ということなんですかね~?
吉野は大阪市の会社なんで、別の意味なのかもしれませんが
どうなんでしょうね。
「太閤」の名前はもちろん大阪を拠点に天下を治めた豊臣秀吉
由来するんでしょうね(「太閤」という言葉自体は前関白や前摂政の
尊称なので歴史上たくさんいますが、一般的にはやっぱり秀吉さんでしょう)。

太閤弁当 02

掛紙を外すと、(ほぼ)正方形の美しい箱が現れます。
フタも容器も同じデザイン、錦の和紙を貼ったような華やかな
和風の模様です。
ちょっと「京の二段弁当」に似ている感じです。

太閤弁当 03

この駅弁の特徴ななんといってもご飯の種類の多さ
梅型の茶飯押し寿司巻寿司茶巾寿司
これだけいろいろなご飯があれば、大盛り好きでも大満足
もちろん味もバラエティーに富んでいて楽しいですよ。
茶巾寿司の横の茶色いものは茶そばの海苔巻。
ちょっと変わってて面白いですよね。
おかずは天ぷらですが、ご飯類の多様さに比べると
若干地味な印象ですかね~。
天ぷらが地味に感じるというのはなんと贅沢なお弁当ですね。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。