--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年11月10日 (月) | Edit |
青森駅幸福の寿し本舗「鶏照焼」です。

鶏照焼・・・
駅弁の場合「~弁当」、「~めし」、「~丼」、「~釜飯」、
「~重」など、ご飯のタイプというかお弁当のスタイルを表す
言葉が入るものですが、この駅弁は大胆にもおかずの名前のみ!
ちょっと珍しいタイプな気がします。

鶏照焼

パッケージはオレンジ色で八甲田山の夕景(?)が
描かれています。
「鶏照焼」の文字の横にはこの駅弁の説明が簡単に
書かれています。
「比内鶏スープで炊いたご飯の上に、鶏そぼろを乗せ、
さらに自社特製のタレに漬け込んだ鶏肉を蒸してから
焼いてソフトに仕上げました。」
そうです。
う~ん、美味しそうですよね~。
作り方を見るとちょっと江戸前のうなぎの蒲焼の作り方に
似ている感じですね。

鶏照焼 02

お弁当の真ん中にはどーんと大きな鶏の照焼が乗っています。
この駅弁の主役にふさわしい堂々たる印象です。
味付けは意外にあっさりした印象。
鶏肉はとてもやわらかくて本当に美味でした。
冷たくてやわらかい鶏肉というのはなかなか難しそうですね。
蒸してから焼くという調理法に秘密があるのでしょうか。
本当に大きくて食べがいのある鶏肉でした~。
この大きな照焼の周辺には鶏そぼろ錦糸玉子
どっちも「鶏」ですね。
おかずはこのほかに人参、里芋、細竹などの煮物長いのしそ風味漬
が入っています。
長いものしそ風味の漬物は、美味しいですよね。
酒の肴にもなるし、お漬物屋さんでたまに買いますが、駅弁に
入っているのは初めて見ました。
やっぱり美味しかったですよ。(*^0^) =3


とても美味しかったので、「比内」って秋田じゃないの?という
野暮な突っ込みはやめにしましょう。(^・^)

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
池袋の私書箱の紹介です
2008/11/11(Tue) 13:29:28 |  激安!池袋の私書箱新規オープンです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。