--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年11月02日 (日) | Edit |
直江津駅ホテルハイマート「鱈めし」です。

直江津は古くから、そして現在でも貿易港として有名な港町ですが、
今は何と言っても2009年NHK大河ドラマ「天地人」の主人公、
「直江兼続」ゆかりの街として一躍脚光を浴びています。

そんな直江津駅の名物駅弁が、この「鱈めし」です。
ホームの駅弁売りのおじさんに「『直江津名物』
『駅弁甲子園優勝』の駅弁はこの『鱈めし』」だよ~」と
勧められて購入しました。
(ホテルハイマートのウェブサイトによると、正確には
「全国駅弁甲子園 親子弁当対決優勝」とのことです)

鱈めし 01

パッケージは日本海に漁船の写真。そこに鱈の写真が
重ねられています。
鱈という魚ははあまりフォトジェニックではないですね。
この鱈の写真を見て「おいしそー」と思う人はかなりの「通」じゃないでしょうか。
「直江津港名物」と書いてあるところを見ると、直江津港は漁港でも
あるようですね。

鱈めし 02

お弁当箱はいまどきの駅弁にはちょっと珍しいくらい頑丈な感じの
塗り物風プラスチック製です。

フタを開けると、まず目に飛び込んでくるのが2つの茶色い物体。
「棒鱈」というやつです。
関東地方では食べる機会があまりないので、詳しく知りませんが、
保存食の一種で、現在では結構な高級品らしいですね。
そんな中途半端な知識しかないので、なんとなく「保存食=硬くて塩辛い」
というイメージを持っていましたが、とんでもありませんでした。
噛むとほぐれる適度なやわらかさ
塩の加減も程よく、深い味わいはかみ締めるとかすかに甘みさえ
感じるほどでした。
棒鱈ってこんなに美味しいものなんだ~、と認識を新たにしました。

さらに鱈といえば、「たらこ」が有名ですよね。
もちろんこれも入っていますよ。
原材料名には「塩たらこ」と書かれていますが、これは要するに
一般的にイメージする「たらこ」ですよね。
おにぎりの具に入れたりするやつです。
この駅弁のたらこは中のほうがやや赤みがかっていて、
ミディアムレアな感じというんでしょうか、とても美味しかったです。

さらに「鱈の親子漬」。これは鱈の身とたらこの酢漬けにしてあえたんでしょうかね、
程よいすっぱさと魚の味わいがとっても美味。
この他にも数の子のわさび漬梅干錦糸玉子などがご飯の上にのっています。

ご飯は昆布が混ぜ込まれていてとっても美味
しかもお弁当箱の中にぎっしりとご飯が入っているので、見た目以上の
ボリューム。
味も量も大満足の駅弁でした。(*^0^) =3
是非もう一度食べたいです!

ホテルが駅弁を作るっていうのは珍しいんじゃないでしょうか。
(そんなことないんですかね?)
でもホテルっていうのは駅弁業者にはもってこいの業界ですよね。
料理人がいて、年中無休で食材を買い入れていて・・・
駅弁業者が撤退したという話を聞くことが多いですが、そんな駅で、
地元のホテルや旅館が駅弁の製造・販売をかって出てくれると
駅弁ファンとしてはとてもうれしいんですけどね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コレすごく美味しそう!!!

直江津って、近くまでよく行っているのに
地名だけではどこだかさっぱり分かりませんでした・・・汗

もう一足のばして是非食べてみます~!
2008/11/05(Wed) 21:58 | URL  | イルエル #-[ 編集]
本当に美味しかったですよ~。
棒鱈って他の駅弁ではなかなか見かけない食材ですが、こんなに美味しいものなのか~と感心しました。
数の子のわさび漬がまた、美味しくて、しかも蓋を開けたとたんにふわっと良い香りがして、ついついお酒が欲しくなってしまいましたよ。
是非是非食べてみてください!
2008/11/06(Thu) 23:02 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
最近の鱈めしは、
たらこが大きくなり、数も倍に増えてもっとよかった!
2010/12/10(Fri) 21:42 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。