2008年10月26日 (日) | Edit |
豊岡駅たで川「但馬牛 牛弁」です。

但馬とは兵庫県の北部のあたり、具体的には
豊岡市、養父市、朝来市、香美町、新温泉町などの
地域です。

このあたりで大昔から飼育されてきた黒毛和牛
「但馬牛」です。
日本三大和牛といわれる、
松阪牛(三重県)
神戸ビーフ(兵庫県)
近江牛(滋賀県)

は、すべて、但馬牛がルーツとされているそうです。
但馬牛の子牛(素牛)を買ってきて、各地域で
工夫して美味しく育てているんですね。
他の地域でも但馬牛の血を血統に入れることで
肉質の改良をしていたりするようです。
「JAたじま」のウェブサイト↓が詳しいです(あたりまえですが・・・)。
『JAたじま 但馬牛について』

但馬牛 牛弁 01

パッケージは淡い桃色(ピンクという感じではないんです)に
墨で描いたような牛の絵。
黒いのはやっぱり黒毛和牛だからなんでしょうね。
そして同じく黒で「牛弁」の文字。
これがこの駅弁の名前なんだと思うのですが、
これよりも大きな目立つ文字で「但馬牛」と書かれています。
なにはさておき、これが売り!っていう感じですね。

但馬牛 牛弁 02

お弁当はご飯の上におかずがのった丼スタイル
牛肉の駅弁はこのスタイルが多いですよね。
この駅弁の特徴は、いわゆる牛丼ではないところ。
ご飯の上にのっているのは「牛肉のしぐれ煮」
「牛肉のしぐれ煮」とは牛肉の切り落としに生姜のせん切り、
みりん、醤油、砂糖などを加えて煮詰めたもの。
生姜の味が利いていてご飯によくあうおかずです。
もちろんこの駅弁も例外ではありません。
冷めてもやわらかくて美味しいところは、さすがは但馬牛。
牛肉のしぐれ煮以外にも、山菜や錦糸卵がのっていて、
本当にご飯が進むんです。
さらにキンピラ牛蒡、きゅうりのお漬物、紅白はじかみ。
これだけ揃ったら、もちろんご飯が足りません。
だから、やっぱり、ご飯大盛り求む!な駅弁でした。(*^0^) =3

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
初めまして
初めまして、ラッフルズと申します。

各地のお弁当をこれほどまでに追求されて素晴らしいですね!
本当に美味しそうなお弁当が沢山です。
松坂駅のモー太郎弁当はケースもユニークですね!

私は崎陽軒のシュウマイ入りのお弁当も大好きですが、静岡が地元なので、東海軒の幕の内弁当と鯛めしが大好きです(^^)
なんてことないシンプルなお弁当なんですけど、懐かしいというかあ~静岡だな~って口に入れた瞬間思います。
お弁当っていいですよね。冷えていても美味しい。
2008/10/27(Mon) 00:57 | URL  | ラッフルズ #-[ 編集]
こんにちは、ラッフルズさん。
ラッフルズさんのブログにはちょいちょいお邪魔してます。
美味しそうな料理を見るのが楽しみです。
東海軒の鯛めし美味しいですよね。
このブログでも鯛めしと茶めし弁当を紹介してるんで、見てみてくださいね。
やっぱり地元の老舗には思い入れがありますよね~。
僕はやっぱり崎陽軒のシウマイ弁当と、大船軒の鯵の押し寿司です。
2008/10/27(Mon) 21:52 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック