2008年10月19日 (日) | Edit |
南千歳駅まるい「ほっきめし」です。

南千歳駅は新千歳空港駅の隣の駅で、
苫小牧方面への乗り換え駅です。
多くの特急の停車駅ですが、周囲に何があるという
わけでもないので、乗降客の姿はそれほど多い
駅ではありません。

僕も札幌方面へ向かうことが多く、エアポート快速を
利用するため南千歳駅で降りることはまれでした
(苫小牧方面に行くのに2度ほど乗り換えに使った
ことがあります)。
でも、ホームにある駅弁売り場に建てられた「ほっきめし」
幟が以前から気になっていたので、先日とうとう駅弁を
買うためだけに降り立ってみました。

ほっきめし 01

パッケージにはツバキのような赤い花と山の写真。
山はおそらく樽前山だと思います。
そしてほっき貝の写真。
ほっき貝は身が赤と白に分かれている貝。
お寿司屋さんでは定番のネタですが、
貝殻付きの状態はあまり見かけませんよね。
なんとなく長細い貝をイメージしてしていましたが、
ハマグリとかアサリみたいな形の貝なんですね。

ほっきめし 02

ご飯は炊き込みご飯です。
具はタケノコ、ニンジン、ワラビ、姫竹、そしておそらく
ほっき貝の貝柱が入っています。
味付けは薄めでとっても美味しいです。
貝柱からの出汁なんでしょうかね~。
ご飯の上にはもちろんほっき貝がのっています。
お寿司屋さんで食べる印象では柔らかさとコリコリした
感じが同居するよな歯ごたえですが、この駅弁では
しっとり感というかトロミというか、柔らか系の食感が強い
ような気がします。もちろんコリっとした歯ごたえもあって
とっても美味です。
正直言ってここまでは期待していなかった、というくらいの
美味しさで、大満足の駅弁でした!

ところで、この駅弁を買うために南千歳駅に降り立ったのは
13時ちょっと過ぎだったんですが、ホームの駅弁売り場には
だれもいませんでした。
もう閉まっちゃったのか~と思いがっかりしながら店の中を
覗いてみるといくつか駅弁があるのが見えました。
「これはお昼休みに違いない」と思い、14時までお腹をならしながら
50分待つことに。
14時ちょうどにおばちゃんが戻ってきて、無事に駅弁ゲット!
美味しくいただくことができました。
でも、駅によってはお昼の時間帯のみの駅弁販売や特急の発着に
合わせての販売ということもあるので、半信半疑の不安な時間でしたよ。
やっぱり、ちゃんと下調べをしていったほうがいいですね。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
あーよだれがっ・・・・

今年の夏、苫小牧で「ほっき飯」食べてきました!
美味しいですよね~♪

あちらではカレーには肉ではなく、ほっきが定番らしいので
次行ったら、ほっきカレーを食べたいと思っています。

アタシはほとんど電車に乗らないので
ここで知る駅弁はどれも目に鮮やかで、食べてみたくなりまする笑

2008/10/20(Mon) 00:02 | URL  | イルエル #-[ 編集]
こんにちは、イルエルさん。
カレーにほっき貝ですか~。
美味しそうなような、もったいないような・・・
シーフードカレーの一種ですよね。
僕も次に苫小牧に行ったら試してみます!
2008/10/20(Mon) 21:39 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック