2008年10月06日 (月) | Edit |
松阪駅新竹商店「モー太郎弁当」です。

「松阪」という地名は「まつさか」と発音するんですね。
「まつざか」だとばかり思っていました。
そしてこの街の名物「松阪牛」も正式には「まつさかうし」と読むそうです。
こちらも「まつざかぎゅう」と読んでいました。
テレビなんかでも「まつざかぎゅう」って言っていることが
多い気がしませんか?

今回の駅弁もそんな「松阪牛」の・・・と言いたいところですが、
残念ながら松阪牛ではないようです。
ちなみに松坂牛というのは、
「生産区域が「旧22市町村と旧松阪肉牛生産者の会会員」
(市町村数は2004年11月1日現在)で、対象牛は
「松阪牛個体識別管理システムに登録された黒毛和種、
未経産の雌牛」、肥育期間は「生産区域での肥育期間が
最長・最終」であり、「牛肉枝肉格付をするなどシステムの
条件を満たし出荷されたもの」(松坂牛協議会ウェブサイトより)
だそうです。
難しく書いてありますが、要するに地域、育成方法、肉質等が
厳しく定められ、厳選された黒毛和牛ってことでしょうかね。

モー太郎弁当 01

パッケージはちょっとパンツのような独特の形をしています。
牛の写真と「黒毛和牛」の文字。
松阪牛ではなくても「黒毛和牛」といのは外せませんよね。
さらに「蓋を開けると♪ふるさと♪のメロディーが流れます。」と
書いてあります。「メロディー」っていったい?σ(^_^;

モー太郎弁当 02

パッケージを外すと牛の顔型のお弁当箱が登場!
真っ黒なその顔は「黒毛」和牛を表現しているんでしょうね。
でもちょっとミノタウルスを連想させる怖さも秘めているような・・・
パンツ型のパッケージはこの牛の角の生えた顔型を覆うための
ものだったんですね。

モー太郎弁当 03

蓋を開けると電子音で「ふるさと」のメロディーが流れ始めます。
♪うさぎおいし かの山 こぶなつりし かの川♪
思ったよりも大きな音なんで、電車の中で食べると
注目を浴びるかもしれませんよ。
お弁当はご飯の上におかずがのった丼スタイル
味付けは「すき焼き」ですね。
濃すぎず薄すぎず、ちょうどいい具合。
ご飯が進んじゃいます。
お肉も柔らかくてとっても美味
パッケージには、
「温めると出来たての美味しさ!! 電子レンジOK」
と書いてありますが、冷たくても美味しかったですよ。(*^0^) =3

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
面白い容器ですねー!

黒毛和牛のお肉も、美味しそうです♪

まつさかうしはかなり美味しいです。
同じくブランド牛の飛騨牛より上品で美味しい。
が、そのぶんお高いのでなかなか手が出ません・・・。
2008/10/08(Wed) 20:00 | URL  | イルエル #-[ 編集]
こんにちは、イルエルさん。
松阪牛は本当~に高いですよね。
切り落としくらいしか食べたことないです。(-_-;
一度は松阪牛のすき焼きとか食べてみたいっすね~。
2008/10/09(Thu) 20:37 | URL  | peco peco #pbrAj28k[ 編集]
すき焼きいいですね~(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪

だけど、メチャ高くてちょうど良いかもです・・・。
あんなお肉が安かったら、すぐメタボになれそう・・・(^^;)

2008/10/11(Sat) 02:12 | URL  | イルエル #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック