2008年08月31日 (日) | Edit |
郡山駅福豆屋「小原庄助べんとう」です。

小原庄助とは、会津地方の民謡に登場する伝説の酒飲み
朝寝、朝酒、朝湯が大好きで・・・っていうやつです。
有名な歌ですが、民謡「会津磐梯山」の一節だということは
今回初めてしりました。

民謡「会津磐梯山」はこんな感じだそうです。

♪エンヤー 会津磐梯山は宝の山よ
 笹に黄金が エーマタなり下がる
 エンヤー 東山から 日々の便り
 行かざなるまい エーマタ顔見せに

 (囃子)
 小原庄助さん なんで身上つぶした
 朝寝 朝酒 朝湯が 大好きで
 それで身上つぶした
 ああ もっともだ もっともだ♪

小原庄助べんとう 01

パッケージは正方形に近いオレンジ色の箱型。
上の囃子の一節とお酒を下げてもろ肌脱ぎの
酔っ払いが描かれています。
小原庄助のイメージにぴったりのイラストですね~。
小原庄助べんとう 02

箱を開けるとお品書きが入っていて、そこに「会津磐梯山」の
歌詞の一部が書かれています。

小原庄助べんとう 03

お弁当は二段になっています。
ご飯はわさび昆布ののった会津産のこしひかりの白ご飯と、
菜の花のったしめじご飯の2種類。
一段全部がご飯なんで、ボリュームも結構ありますよ。
おかずは青海苔風味の海老天ニシンの昆布巻き
厚焼たまご鶏肉の味噌焼豆みそ牛糸こん煮
みつばなめこかまぼこゴボウのお漬物
とてもバラエティーに富んでいて楽しいですね。
「鶏肉の味噌焼」は特にご飯にあって美味しかったです。

お弁当の中身と小原庄助さんは特に関係ないみたいですが、
地元の有名キャラの名前を拝借した「幕の内弁当」という
ところでしょうか。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

ちなみに民謡に謡われた小原庄助さんは架空の人物のようです。
同姓同名の人物やモデルになった大酒飲みは何人かいるようですが、
特定の人物のことではないみたいですね。
身上つぶした大酒のみの歌にもかかわらず、
暗くも説教くさくもないですよね。
これだけみんなに愛される大酒飲みというのも珍しいですね。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック