--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月05日 (火) | Edit |
青森駅ウェルネス伯養軒「帆立釜めし」です。

下北半島と、津軽半島に囲まれた陸奥湾。
その陸奥湾の奥に位置するのが青森市、そして青森駅です。

帆立釜めし 01

掛紙は赤い帯状で版画のようなデザインで「帆立釜めし」と書かれた
素朴なものです。
そして「むつ湾産」文字。もちろん帆立が陸奥湾産であることを示して
いるんでしょう。
陸奥湾は帆立の養殖が盛んなところですからね~。

帆立釜めし 02

中身をみてまず驚くのが帆立の量。
ご飯の3分の2くらいに帆立が敷き詰められています。
やや小ぶりな帆立ですが、12~13個は入っているのではないでしょうか。
いわゆるボイルホタテでしょうか、味が濃くてとても美味しいです。
帆立の他には姫竹煮山くらげとびこ(のような魚卵)錦糸玉子
のっています。
ご飯は茶飯で、量はもう少しあってもいいかな~という印象。
大盛り求む!です。

容器が焼き物ではなくプラスチックなのがちょっと残念。
釜飯は焼き物の器の方が雰囲気でますよね。
まぁ、プラスチック容器は軽くて運びやすいというメリットが
ありますけどね~。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

ところで青森駅は港に隣接した駅なんですよね。
「津軽海峡・冬景色」に歌われているように、かつては青函連絡船
乗り継ぎ駅だったのでしょうから、あたりまえのことなんでしょうけれど、
今回訪れるまで僕にとっては「雪」のイメージばかりが強くて「港」の
イメージのない街でした。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。