2008年07月13日 (日) | Edit |
一ノ関駅斎藤松月堂「源 義経 東下り絵巻」です。

源義経の東下りとは、兄頼朝に追われた義経主従が
平泉の奥州藤原氏を頼って落ちのびたという出来事のこと。

その「東下り」を再現したイベントが、平泉町「春の藤原まつり」
クライマックス、「源義経公東下り行列」
義経一行が藤原秀衡らに歓迎の出迎えを受けたときの様子が
華やかにが再現されます。

その平泉と一ノ関は電車で2駅、7~8分という位置関係。
そこで一ノ関の駅弁として義経登場ということになったようです。

源 義経 東下り絵巻 01


掛紙には「源義経公東下り行列」の写真が使われています。
真ん中で白馬にまたがって手をふっている貴公子が、もちろん
源義経でしょう。
京都の葵祭や時代祭を思わせる時代絵巻のようです。
掛紙の片隅にさりげなく「前沢牛使用」と書いてあるのが、
奥ゆかしくていいかんじです。(^.^)
(右の方に金色堂も写っていますが、外観だけだとさすがに地味で
目立たないですね~)

源 義経 東下り絵巻 02


ご飯はしろご飯と、おそらく古代米の俵おにぎり。
メインのおかずは掛紙にも書いてあった「前沢牛」
ローストビーフ(たぶん)。
コショウが効いたスパイシーな味わいで、ご飯が進みます。
もちろんビールにもあいますよ。
他には玉子焼き秋刀魚の昆布巻き海老天鶏肉や
椎茸の煮物
銀杏などが入っています。
どれも丁寧に味付けされていて美味です。
デザートにおはぎが入っているのもいいですね。
ちょっと小ぶりな駅弁で、やっぱりご飯大盛り
欲しくなっちゃいました~。

(*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3

ところで、「春の藤原まつり」の「源義経公東下り行列」の義経役は
毎年若い役者さんやタレントさんが演じることになっているそうです。
過去の義経役には村上弘明さん、橋爪淳さん、藤原竜也さん、妻夫木聡さん、
滝沢秀明さん
などが名を連ねています。
滝沢秀明さんは2005年にNHK大河ドラマで義経役を演じていたときですから
さぞかし盛り上がったことでしょうね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック