2008年06月22日 (日) | Edit |
福山駅浜吉「福山ばら寿司」です。

ばら寿司といえば、岡山の郷土料理のちらし寿司。
どうして福山(福山市は広島県です)?と疑問に思いましたが、
理由は簡単でした。

福山市の市の花は「バラ」。
5月には「ばらのまち福山」をキャッチコピーに「福山ばら祭」が
盛大に開催されるそうです。
そして福山市は広島県と岡山県の県境に位置しており、歴史的、
文化的には広島より岡山に近いそうです。

つまり・・・花の「バラ」と寿司の「ばら」を掛けた上で、
福山でばら寿司だっていいじゃん!近所だし!
・・・みたいな感じでしょうか。

福山ばら寿司 01


パッケージはバラをイメージした真っ赤な箱型。
バラの花の型の切り抜きが入っていて、中身が見えるようになっています。
バラの感じは某デパートのマークのようですよね。

福山ばら寿司 02


中身は「ばら寿司」のイメージを壊さない、華やかなものです。
ご飯はもちろんすし飯。
すし飯の上には色とりどりの具がのっています。
まず目に付くのがイクラ。
イクラを売りにした駅弁ではないにもかかわらず、けっこうな量が
のっていますよ。
そして真ん中にのっている白身の魚は小鯛です。
小鯛は酢で〆てあるのか、味が付いていて美味しいです。
ほかにも錦糸玉子レンコンシイタケ菜の花などが
のっていてとっても美味でした。
見た目が華やかなせいか、実際に使われている材料よりも
ずっとたくさんの具が入っているような印象が残りましたよ。


(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3


多幸のあっぱれ煮 -福山駅 番外編-
駅弁ではないんですが、駅弁屋さんに売っているもので
気になっていたものがあったので買ってみました。
名前は「多幸のあっぱれ煮」
「多幸」とは「タコ」のことですね。
中身は真空パックされた「タコの旨煮」です。
面白いのは容器。
ピンク色のタコ型の陶器なんです。↓

多幸あっぱれ煮 02


ねじり鉢巻をしているあたりがかわいらしいです。
扇子も持ってるし。(^m^ )

買ったときは唐草模様のミニ風呂敷に包まれていて
こちらもかわいらしい感じです。
多幸あっぱれ煮 01

かたちが特殊だからか、持ち帰りようの紙袋にも一工夫。
三角形なんです。↓
多幸あっぱれ煮 03

安定して持ちやすかったですよ。

駅弁ではないので、電車の中では非常に食べにくいと思いますよ。
念のため。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック