2008年05月25日 (日) | Edit |
高知駅仕出しのあんどう「かつおたたき弁当」です。

高知といえば「カツオ」「カツオ」といえば「たたき」
本場高知にカツオのたたきの駅弁があるという噂は聞いていましたが、
本当にあるんですね~。

かつおたたき弁当 01


パッケージは大きめの長方形の箱型。
電車のテーブルいっぱいのサイズなので飲み物は置けません。
フタは観音開きというんでしょうか?中から両外に向けて開きます。
デザインは白っぽいシンプルなもの。
かわいらしいカツオのイラストと、カツオのたたきのイラスト、
そしてカツオのたたきの由来が書かれています。
それによると・・・
昔、土佐では生ものを食べてはいけないというお触れが出たので、
どうしても食べたい人々が表面だけを焼いてごまかしたのが始まり。
焼く前に塩をふって味がよくしみるように包丁や手でカツオをたたいた
ことから「たたき」と呼ばれるようになった・・・とのことです。

かつおたたき弁当 02


フタを開けると、さらにフタが!
カツオの部分はプラスチックの容器に入っています。
底の方にチラッと見える青っぽいものは保冷剤。
やっぱり生ものですからね、要冷蔵です。
関東地方ではカツオはショウガと醤油かネギとポン酢で
食べることが多いんですが、この駅弁ではニンニクスライス
茗荷、ワサビ、ネギ、シソが乗っています。
ここにレモンを搾ってタレをかけまわして食べるようです。
薬味にニンニクスライスというのが高知流のようですね。
タレはご飯が入っている側に容器2つ分入っています。
2種類入っているのではなく、2つに分けて入っているんです。
なので、たっぷりのタレで食べることができますよ。
このたっぷりのタレをかけるためにプラスチックの容器に
入っているんでしょうね。
カツオはぶ厚く切られ、本格派、というより正に本物のたたきです。
焼き加減もちょうど良い感じ。さすがですよね。
かつおたたき弁当 03

新鮮でくさみもなく、とっても美味!!
高知流の食べ方、とても気に入りました。
ご飯にもとってもよくあいます。
もちろんお酒にもあうでしょうね~。
おかずは他にもエビやタケノコの煮物などが入っているものの
正直あまり覚えていません。(^.^;
とにかくカツオのたたき美味しい駅弁でした~。(*^0^) =3

夏が終わる頃には脂の乗った戻りガツオのたたきに
なるんでしょうかね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック